名前の頭文字がCで始まる4匹の愛しい犬猫たち&人間たちの華麗(加齢)なる日常。


※写真はクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

 残念です

お気に入りの場所
お気に入りの場所(キャットタワーの上段)に乗せてもらって
ごきげんで寝ているちょびと、
さらに上のハンモックでくつろぐここちゃん。

ん?

手足バラバラ
いつものごとく、手足バラバラなここちゃんです。
(お笑い担当w)


朝、先生から、ちょびの検査結果が出たと知らされました。
結果から言うと、ちょびの検体からは菌が生えなかったとのこと。

えーっと、簡潔に言うと、望みがほぼなくなった、ということです。

あと望みがあるとすれば奇跡待ち(滝汗)

ちょびの検体には菌が生えるほど菌がいなかった、ということで
そうなると、今まで投与した抗生物質は
とりあえず腹膜炎にはある程度は効いていた、
でも熱は下がらなかった、ということです。

じゃあ、熱が下がらない原因を考えてみると、
ずっと気になっている腸管膜リンパ節の腫れですかね。
リンパ節が(手術中見える範囲で)全部腫れてたそうなので。
しかも、リンパ節から造血している状態。
骨髄以外から造血しようとするということは
骨髄に造血出来ない原因があるかもしれず。

骨髄の検査は体に多大な負担をかけるため、やるつもりはありません。
(先生も同じ気持ちだそうです。大変な痛みがある上に
たとえやりたくともまずちょびの体力では無理だろう、と。)

それに、少しずつではありますが
長期にわたる闘病で神経にも影響が及んできているため、
そろそろ本当に覚悟を決めた方が良さそうです。

ちょびの左足は、筋肉注射を毎日打っている影響で
ちょうど足が痺れた人が歩いているような感じでしか歩けません。
(足の先に力がなかなか入らない)
あと、点滴をすると、体に入った水分がなかなか吸収されなくて
むくみに繋がっています。
左足とむくみに関しては、たーちがまめにマッサージをしています。
(私はこういうのがどうも苦手で・・・汗)

お兄ちゃんが大変でーす!
ここちゃん看護師もむくみを取るマッサージをお手伝いしております。
(足先から上に向かって舐めてあげたりしているんですよ~)

ちょびは今のところ、よたよたしてはいるものの
まだ自力でトイレに行けますし、
自分で場所を選んで寝ることも出来ますし、
爪とぎ、グルーミングなども(少しですが)頑張ってます。

なめんなよ
でもね、ちょびはとっても頑張ってるけど、
ちょびの体が付いていっていない印象。


そんなわけで、夕方の治療の時に(たーちも一緒です)
先生と再び尊厳死の話し合いになりました。
まだ生きる意欲を見せるちょびには酷な話ですけどね。
私もたーちも、尊厳死の覚悟をするのは今回で3回目。
なのでもういい加減覚悟は出来ています(汗)

ちょうど、院長先生は明日から出張が入っていて
土日はお留守です。
そして、たーちも、日曜日には演奏会があって
指揮も振らなければいけないので日中ずっと家を空けます。
お世話になった先生に一緒に看取ってもらうには
今夜、または月曜日以降、ということになります。
おそらくちょびは月曜日以降でも
なんとなく頑張ってはいるんでしょうけど・・・(^^;)

というわけで、私たちからは、今日の夕方の治療をやらずに
夜、先生に我が家に来ていただいて尊厳死の処置をしていただくか、
それとも来週早々・・・ということを先生にお話ししました。

先生からは、こんなお話が。

「全くの見込み発車ではあるけれども
あと1つだけ使いたい抗生物質があって
このままこれを使わずにちょびちゃんを終わらせてしまえば
(熱を下げて、少しでも楽に出来ないままお別れとなれば)
後悔しそうな気がするんですよね。
でも点滴で入れるとなると1時間(×朝夕)かかるんです。
ちょびちゃんの負担を考えると、時間を短縮して静脈注射で
手早く入れられないものだろうか、とも考えましたけど・・・」
(静脈注射で性急に入れてしまえば気分が悪くなる可能性も)

ちょびに痛みや副作用がある治療ならば躊躇しますが、
ちょびの負担は1時間じっとしていることと留置針を置くことだけ。
先生だってそれをやらなければ後悔しそうだとおっしゃるし、
私たちはちょびが助かる可能性が僅かでもあるのであれば
なんとかちょびが意欲を見せているうちに
チャレンジさせてあげたいなぁ、と思うし。
それに、その抗生剤を使った時にどうなったか、という結果が
良くても悪くても、それは後々他の猫さんたちを治療する上で
きっと役に立つ情報を提供することになるでしょうし。

それにここのところのちょびは、
1日2回、30分~1時間半くらいの似たような治療をずっと続けているので
既にその生活リズムが出来てきています。
(通院の時に勝手にゆっくり休んだりしていますよ)

なので、本当に最後の最後、ということで
やらなくて後悔する、より、やって後悔しない、を選ぶことに。
もちろんダメ元です。

さらに、今回は抗生剤が効かなくても少し楽にして居られるよう
ステロイドも打ってもらうことに。
ステロイドを打つと傷(縫ったところ)がくっつかないんだけど
傷の回復より優先して抗生剤の効果を見ることと
ちょびが楽しく生活出来る方を選びました。
あわよくば最後の望みの抗生剤が効いてくれないかなぁ、とは
当然思ってはいますけどね~。

おそらく院長先生が出張から帰った次の日あたりに
ちょびとのお別れになりそうです(今度こそホントに。汗)
その前に急に容体が悪くなったら、病院へは行かず看取るつもり。
いずれにせよこの2~3日を大事に過ごそうと思います。
スポンサーサイト
[ 病気&通院&薬&フード ] CM4. . TOP ▲

 かりんさんの目には・・・

ああ、ついに
私の中にほんの少しだけ残っていた未練を
断ち切る日がやってきました。


かりんさんです。


かりんさんが、今朝、病院から戻ってきたちょびに対して
あの日と同じリアクションをしています。
それに気付いてしまいました。

怯。
チャコさんが無言で(あ、わんこなのでたいてい無言ですが;;)
帰宅したこの日のこの悲しげな顔と
全く同じ表情をしているんですよ、遠巻きに。

かりんさんはとても敏感に「それ」を感じ取っているのだと思います。
ちょびに対して今までこんな表情は見せたことがありませんでしたし
今までずっと、病院から帰宅するたびに、キャリーの中を覗き込んで
「帰ってきた?大丈夫?あーよかった♪」という感じだったのです。
(帰宅後すぐの「あーよかった♪」の後はだいたいスルーしてばっかりでしたけどw)


ちょびがどんなに頑張っても、ちょびはもう助からないのでしょう。
動物の勘を侮るなかれ、です。
かりんさんを見て、
私も最後にかすかに残っていた希望の灯を自分で吹き消しました。

何度か危機的な状況になっていましたが、
今までは、かりんさんは一度たりとも
こんな表情を見せたことはありませんでした。
その時はまだちょびが助かる希望があったのかもしれませんね。


猫のことは猫に聞け、って前に書きましたけど、
猫のことは犬に聞いてもいいみたいです(笑)


前回かりんさんとここちゃんの様子を見て
「お別れかも」と思っていた時
って
今考えてみれば全くの私の勘違いで、
あれはふたりで「ちょび頑張ってー!」とエールを送っていたのだな、と。



朝は少し雲が出ていていい気候だったので
本当に久しぶりにちょびをベランダに出してあげました。
ちょび、嬉しそうだったなぁ。



そして↑この後、自分でベランダに出て

のんびり
のんびり・・・

まったり
まったり・・・過ごしました。

そして朝の治療へ。
苦しゅうない、参ろうぞ。
助手席で大物の風格を漂わせながらドライブです(^^;)

熱が37.6℃(下がった!)

・・・と、ここまでは絶好調だったのですが、
その後、お昼前から容体が少し悪くなりました。
(帰宅して、かりんさんが怯えた表情を見せてから少し経った頃です)
まだ意識はあるし自力でトイレまで行けるんですが
時々、いわゆる無関心状態に陥るように。
そして原因不明の嘔吐が1回(しかも嘔吐物なし)

嘔吐して体力を使ったら、急にぐったりさんになってきました。
抗生剤の副作用ではない様子。
夕方病院へ行った時に、勤務医の先生にあれこれ伺いましたが
やはり抗生剤の副作用ではなさそうでした。

夕方の治療時も、体温は37.6℃!
しかし、熱が下がって楽になると同時に
貧血の症状が色濃く出てきて、
無関心状態に陥っているのではないかとのことでした。
そうかも。おしっこの色が濃くなっていたみたいだし。

夕方の治療の後、いったいどうなるやら、と思ったのですが
ちょびは「ボクはまだまだニャ」と言わんばかりに

マッサージ♪
たーちのマッサージメニューをこなし(爆)、

ちょびさーん!
「ちょび~」と声を掛けられるとお目目を輝かせながら

はーい♪(良いお返事)
「ニャ~♪」とお返事していました(^^;)

しかし、もしこれ以上嘔吐が続けば(続くかわかりませんが)
ちょびは本当につらくなってくるでしょう。
もう私たちの心の内は決まっているので
明日の夜、院長先生が出張から帰って来られるその足で
我が家に寄ってくださることが可能なら
明日のうちにお願いしたい、と病院側には伝えてきました。
もし無理だったとしても、明後日往診でお願いするつもりです。

おやすみ♪
あと少しだけど、ちょびはちょびの日常を楽しんでね。
おやすみ♪
[ 病気&通院&薬&フード ] CM0. . TOP ▲

 ちょび、大好き!

男前ちょび

7月3日 午後9時23分、
出張先からの帰り道に駆け付けてくださった院長先生も一緒に見守る中
ちょびが眠るように息を引き取りました。
8歳のお誕生日まであとわずか17日でしたが
それを待たずに地上勤務を終え、お空へ帰って行きました。享年7。
先生にちょびの病名って何でしょうね?と伺ったら
あれやこれや大変で難しい病気だったけれど、
最終的には膠原病の一種と言っていいでしょうね、と言われました。


今日の午前まで、治療に一緒に行きました。
強制給餌は、体力がなくなっていて
嘔吐で喉を詰まらせる可能性があったので、だいぶ減らして3口程度。
点滴はなかなか体に吸収されにくくなっていたので
昨日の2/3量に減らしてもらいました。
夜まで熱が上がって苦しくならないよう、
抗生剤の点滴も1時間かけて入れましたが
ちょびはとっても良い子でした(というか今日はぐったりだった)

将来、他の猫さんたちの治療の役に立つように、
最後に血液検査をしてもらって数値を見ましたが
いつ意識がなくなってもおかしくないのでは?というくらいの数値でした。

それから、お世話してくださった勤務医のS先生や看護師のIさんに
ちゃんとちょびと一緒にお礼を言ってから帰宅。
それから、私・かりん・ここあは
ちょびと最後の時間をゆっくり過ごしました。

昨日から容体が悪くなり、時々意識が遠のきそうなちょびなのに
私が動くところを目で追ってじっと見てるし、
寝る場所を自分で移動して体温調節もしていたし、
私の話をお目目をぱちぱちしながら聞いていましたよ。

たーちは、朝から演奏会だったので、午後7時ごろ帰宅予定でした。
朝、出掛ける前にちょびと「男の約束」(爆)をして
今日パパが帰って来るまでちゃんと生きててね、と言っていました。
約束通り頑張ってくれたから
ちょびはちゃんと約束が守れる男だったんだよね(笑)



パパが帰ってきてからの2時間ほど、
ちょびは昼間からは想像できないくらい元気でした。

息を引き取るわずか20分ほど前には
ちょびの大好きなパズルゲームで一緒に楽しく遊んで
(ちゃんと動画に残したのでまたそのうちUPしますね)
ちょびは頑張って自分でGETしたわんこ用のおやつを1個食べました(^-^)


ちょうどゲームがひと段落したところで
院長先生と奥様(動物看護師)がいらっしゃいました。
先生にも撮れたて動画をデジカメで見ていただいたのですが
びっくりされていましたよ。

ちょびは院長先生の登場にちょっと「え?何?」的な感じでしたけど
(病院でしか会ったことのない人が家に来たからかも)
院長先生の前でもなかなか頑張って(笑)、
ゲームをなんとかクリアしておやつをGETしていました。
(さすがにもう食べれなくて賞品はここちゃんにあげてましたけどね)

みんなにゲームが上手なところを見てもらって
「いい子だね~凄いね~」とか「おりこうさんだね~」とか
褒められながら、撫でられながら、そのままそっと寝かされて
(今までの治療のため)既に点滴用の針を右手に留置してあったので
そこから睡眠薬、続いてお薬を入れました。

眠るように・・・

わずか数秒、あっという間のお別れでしたけど
ちょびはとっても満足していて安らかでした。


今日はちょび用にちょびの大好きなパンも焼いたのですけど、
それを食べたいと言って一口だけ口に含んでくれたので
本当に良かった(残りは明日持たせます)

先生のいらっしゃるちょっと前(8時半過ぎ)に、
自分でトイレまで行ってきちんとしゃがんで
おしっこ(大量)とうん○(ちょこっとだけ)をしてくれて
(肛門になかなか力が入らなくてうん○が漏れることがあったので
いちおう、おむつをつけていたためおむつに排泄したのですが
でもちゃんとトイレまで行ったことに意義があるのです!笑。
これも動画がありますから、またそのうちUPします)

おかげさまで、亡くなった時も
ちょびはお尻回りが一切汚れることなく、とってもとっても綺麗でした。

楽しかったね
それに、ここちゃんが夕方、
ちょびのお口周りや太ももや足先をとっても綺麗に舐めてくれたので
お棺に入れる時に、
私たちは全くちょびを綺麗にする必要が無かったんですよ。
(人間が濡れたタオルなどで拭くよりも、
猫の場合は猫が舐めた方がずっとずっと綺麗になります。不思議です)



ちょび、どこまでも良い子で親孝行でした。
そして猫としての尊厳をちゃんと保ったまま亡くなりました。

ちょび、大好き!

ちょび、いい男だね! 大好きだよー!!



応援してくださった皆さん、
拍手コメでいつも励ましてくださった皆さん、
本当にありがとうございました。



初撮り
今使っているコンデジを買ったのが2ヶ月前の4/25。
その時に最初に撮ったのはちょびの写真でした。
ちょび、2ヶ月前はこんなに元気だったんだね。
チャコに続いてまたちょっと寂しくなるけど、
やっぱり私はちょびが大好きだよ♪

寂しくなりますね
ちょびは私のすべてだったと思うのです。
[ 猫の話&猫写真 ] CM10. . TOP ▲

 尊厳死って?

ちょび、今日お空に昇って行きました。
ちょびの火葬が始まった時、まるで空が泣いているかのように
土砂降りの雨が降り出しました。
ちょびの遺骨を拾って、病院に寄って先生方と想い出話をして、
医療費の清算をして(現実的;;)帰宅しました。

ちょびの逝去に伴って、
生前のちょびの姿を交えながら
どうしてもこの「尊厳死」についての話を書きたかったので
ちょびの想い出話はちょっと後回しにします(^^;)


私はちょびを尊厳死という形で見送りました。
それについては賛否両論あると思います。
が、私個人としては、まったく後悔はありません。
4匹いる大好きなうちの犬猫たちのうち、
贔屓してはいけないとわかっていても
私はちょびのことを一番可愛がっていました。
その子を、まだ8歳にもならないという若い年齢で
手放さなければならないのです。
体が動かなくても、意識がなくなっても
いつまでもいつまでも一緒に居たいのが親心。私だって同じです。
それでも人間が勝手に決めて安楽死するなんて、とおっしゃる方は
まずは私のちょびに対する溢れるほどの愛情を推し量っていただきたい。


ここで私はあえて「尊厳死」という言葉を使おうと思います。
尊厳死は人間に対して使われる言葉です。
ペットに対して一般的に使われる「安楽死」という言葉は、
耐えがたい苦痛などから直接的・間接的に解放するためのものです。
ペットの場合は、薬物などを用いて処置されますから、
積極的安楽死という言い方の方が正しいのかもしれません。

しかしこの際、辞書の意味や医学的な意味はちょっと無視して、
そもそも「尊厳」という言葉とは何ぞや、と考えたいのです。

【尊厳】とうとくおごそかなこと。気高く犯しがたいこと。また、そのさま。
―goo辞書より

ならば、動物にも尊厳はあるはず。
動物の尊厳って? と私は考えていました。
ちょびの尊厳って何だろう?

ちょびのような動物にとって、尊厳とは
・正気であること。
・食べる意欲を失わないこと。
・生きる意欲を失わないこと。
・その時その瞬間を輝いて生きること。
・その動物のあるべき姿から逸脱しないこと。
そんなところかな?と思います。
特に野生の動物なら、
上のどれが欠けても長くは生きられないのではないかと。
人間がお世話をすることが出来るペットの場合は
もう少し違うかもしれませんけどね。

私は、最初に先生から「打つ手なし」の話をされた時に
このことを今まで考えていた以上に考えるようになりました。
ちょびの命にはおそらく差し迫った期限があると感じていました。
そして、ちょびの場合、痛みを伴った最期にはならないだろうけど
意識がなくなって、やがて命の灯が消えていく、というような
最期になるであろう、ということも先生のお話から理解していました。

そこで先生とよく話し合いました。
先生の「安楽死」の基準は人間に合わせた基準でした。
でも私はちょびの「尊厳」を重視したかったのです。
私たちの「一日でも長く一緒に居てほしい」という切なる願いよりも
ちょびがどうあるべきかを考えたかったのです。
ですから、最初にその話し合いをした時点から、
「ちょびが一番安らげる場所である自宅で
ちょびが大好きな私たち家族と一緒に、
安心して最期を迎えさせてあげたい」ということと、
「打つ手なし、となった場合、苦しくないよう緩和ケアをしながら
ちょびの意識がなくなる前に、
私たちが言葉をかけたら充分反応出来るうちに逝かせてあげたい」
というようなことを、具体的に先生に伝えました。


私が小学生の頃拾ってきて家で飼っていた子猫がいました。
名前はミーコ。推定10歳まで生きました。
私がペットの終末医療にこだわるのはミーコを亡くした経験からです。
ミーコは家の内外を比較的自由に出入りするにゃんこでした。
ピカピカ天使の輪が出来るくらいの毛艶の良さが自慢でしたが
10歳になるころから、急に毛艶が悪くなり、
家の中で、猫用のベッドに入って寝てばかりで、
あまり動かなくなりました。
外で済ませていたトイレも、家の中にある猫砂でするように。
母に「ミーコの具合が悪い」と訴えても、
母は「たぶんミーコの寿命なんだよ」と言って病院へは連れて行きません。
(当時の猫の飼い方なんてみんなずいぶん適当でしたからね・・・)
ミーコは2ヶ月くらいの間にあっという間に衰弱してしまいました。
大学生だった私は、家でミーコを看取ろうと思っていたのですが
ある日、ミーコが母に「外に行きたい」と意思表示したようです。
母はミーコがトイレに行きたいのだろうと思い、外に出しました。
ミーコは歩きながら一度家の方を振り返ったとのこと。
そして、二度と我が家に帰って来ませんでした。

半分野良猫のような生活をしていたミーコにとっての最後の尊厳とは、
自分の足で歩いて行きたい場所(最期を迎えるための場所)に行けること
だったんだろうな、と思います。


ちょびは、足先になかなか力が入らない状態でしたが
最後までヨタヨタしながら自分の足で行きたいところへ行き、
食べたい物の匂いを嗅ぎ、
私たちの話にお目目をぱちぱちさせて尻尾を振りながら応えていました。

しかし、長い間嘔吐を繰り返してきたので、食べたい物の匂いを嗅いでは
「ボクはこれが食べたいんだけど、これを食べるとまた吐いちゃうかも」
という刷り込まれた経験から、なかなか口をつけられずにいました。
強制給餌は、顔を上向きにして口を開けさせ、
ごはんをポイッと入れて喉の奥に入れて飲み込ませる、というものです。
食べる意思のない子は
喉の奥にごはんを入れても絶対に飲み込まないそうですが、
ちょびは口に入れられたごはんをモグモグ噛んでごっくんしていました。
ずっと食べたかったのに自力で食べられない辛さはあったことと思います。
しかしそこは人間に飼われるペットの強みとでも言いますか、
強制給餌ながらもごはんが食べられていました。

最後の2~3日は、肛門に力が入らないため、
うん○(下痢)が少しずつ漏れ出てしまう状態でした。
そのためおむつを長時間つけていることに。
(それまでもおむつを着用していますが、
極力、病院への行き帰りや、治療後に疲れて眠っている時だけ着用)
ちょびは最後までおむつをつけることに関しては
足でケリケリして、嫌だと意思表示していました。
つけてしまえば、嫌がって外すような素振りは見せませんでしたが。

ちょびは最後の日まで、おしっこやうん○をした後、
お尻回りを自分で綺麗に舐めていました。
おむつをつけている時でも、いちおう片足を高く上げて
舐めるフリだけしていましたし(笑)
でもやはりおむつをつけている時は舐められなくて困っていた様子。

頑張っていることはわかっていたけれど
ちょびの体はもうとっくの昔に限界を超えていました。
体重は、通常の4.4kgくらいから、2.6kgにまで減っていましたし
貧血を示すヘマトクリット値は、わずか11.5%。
左足は、半分から下が痺れたようになっていて力が入らず、
頭は少し動かすと左右に細かく揺れ、
鼻は抵抗力が落ちたために粘膜が少しやられていました。


7/1(亡くなる2日前)のちょび。トイレから出てくるところです。
これはまだよろける程度で済んでいますが、
時々足がもつれて倒れてしまい、その場で休憩してしまうことも。


しかし頭は最後まで聡明でした。
ただ、最後の1日だけは、
意識が遠のくような時間帯が急に長くなりました。


私たちは、ちょびのを大事にしたかったのだと思います。

【魂】こころ。精神。
 ―goo辞書より

このまま介護を続けることに関して
私たちの方には特に何の問題もありませんでした。
続けようと思えば、何日でも続けられたと思います。愛する家族ですから。
でも翌日、またその翌日、と命の期限を先延ばしにすることで
ちょびの魂が、ちょびの体より先に死んでしまう可能性がありました。
もしそうなってしまったら、
それはちょびがちょびの尊厳を保っていることになるのだろうか?
飼い主の側には
「生きていてくれるだけでいい」という気持ちが強いわけですが、
魂が死んでしまったら当のちょびには伝わらないでしょう。
第一、ちょびの場合、
ちょびがもし人の世話を受けない野良猫だったとしたら
とうに死んでいたケースです。

ですから、私たちはちょびの魂が生きているうちに
ちょびの尊厳を保ったまま、私たちの笑顔を見てもらいながら
そっと自然に眠りについてもらいたかったのです。
(命の期限を切ってしまうわけですからこれも一種の人間のエゴかもしれませんけれどね)

そして、最後の時間を有意義にちょびのために使いたかった。
それは間違いなくちょびにとっては嬉しいことだと思うんです。
大好きなパンの焼ける匂いを嗅ぎながら
私と他の2匹と一緒にいつものようにゴロ寝しながら
小さな音で心地よい音楽を聴きながら
もう登れなくなってしまったキャットタワーや出窓に
連れて行ってもらってお外を眺めながら
時々ママに撫でられて目を細めるようなひとときを過ごす。
こんな他愛のない日常をゆったりとした時の中で送らせてあげることが
飼い主がしてあげられることだと思いました。


ちょびは最後に大好きなパズルゲームをしていました。
途中で先生方がいらっしゃったけれど、
先生方の目の前でも一生懸命ゲームをクリアして
「ねっ、ボク上手でしょ?」と自慢しているようにも見えました。
みんなが笑顔でした。
私がちょびに「ちょび、そろそろネンネしようね♪」と言って
ちょびを横たえていつものように頭を撫でました。
ちょびは留置針から睡眠薬を入れられましたから
針を刺す痛みさえないまま、そのまますぅっと眠ったのです。

飼い主側から見ても、ちょびからしても、
こんなに素敵な終わり方はないと思います。

動物は「あ~、あの時は楽しかったな~」なんて回想しながら
最期を迎えたりはしないと思うんです。
なぜなら、その時その瞬間をきらきらと輝きながら生きる生き物だから。
だから最期の瞬間も輝いていたちょびはきっと幸せだったはず。

そう私は思っています。

ペットのために、と、お経をあげたり祈りを捧げたり、
死んでからお花をいっぱい飾ったりすることって、
よーく考えると飼い主側の気持ちを慰めるためのもの。
だって、お経をあげても祈りを捧げても、
もし生きているうちにそれをしたとしても
ペットにはそんな観念はないからわかんないもん(笑)
それよりもっともっと大事なことがある。
ちょびはそれをあらためて気付かせてくれました。


今日、ちょびを火葬した後、病院へお礼に行ったのですが
先生から
「実は、安楽死をご自宅で、
しかもこんな形(ちょびの意識がしっかりある状態)で、というのは
私にとっても初めての経験でした」
と言われました。
今まで先生がお世話したペットさんたちで
安楽死を自宅で、という話は何度かあったそうですが
いずれももうペット自身の意識がないという場合や、
飼い主さんが決断される前に
ペットの寿命が尽きてしまうことばかりだったそうなのです。

でも、先生も奥様も、本当に素敵な最期だったとおっしゃって、
和やかな雰囲気の中でちょびが最期を迎えたことで
私たちが考えていた「尊厳死」という選択肢について
それから終末医療について
また深く考えるきっかけにしてくださったようなので良かったです。



ちょびは本当に本当に良い子でした。
最初から最後まで、こんなに良い子でいいのかな?(笑)
私たちは無宗教だけど、もし仮に神様がいらっしゃるとしたら
ちょびは良い子過ぎたから地上勤務が短くても充分お勤めを果たした、
って思われたのかもしれないね、とたーちと話をしました。


ちょうど、線香花火が最後にほんの少しだけ輝きを取り戻すように
ちょびの命の灯が吹き消される直前まで
ちょびは精一杯輝いていました。


亡くなる20分前の動画(驚いてしまったかりんさんは、その後私の膝の上に乗っていたのでご安心を)
ちょびが食べたおやつは、パン以外で最後に口に出来たものでした。
このおやつ(わんこの半生おやつ)だけは食べてくれることがわかっていましたが
これを食べると嘔吐することもわかっていたので、
最後の最後、もう吐くこともないという時点でようやく食べてもらうことが出来たのでした。
でもこのあともっとたくさん食べて欲しくて差し出したこのおやつを
ちょびが食べることはもうありませんでした。一口がやっとだったようです。

[ 動画 ] CM2. . TOP ▲

 妄想が暴走w

昨日は尊厳死の話を長々と書いたため
ちょびのお見送りの記事が書けなかったのですが
今日は昨日のお見送りの様子をUPしますね。

まずは棺に納められたちょびくんです。
ん~、いい男♪
ちょび@お花畑
ちょびの首には"飼い猫ニャ"ということでリボンを巻いてあげました☆
お花が少ない季節なので、
チャコの時よりちょっと寂しい感じになっちゃった。
(ちょびはモノトーン!なので、色を多用して誤魔化しましたw)
飼い主の心情としては、
ごはんをいっぱい食べさせてあげられなかったことが
きっといつまでも胸に引っ掛かるでしょうから
気休めに、お花の代わりに食べ物を充実させてみましたw

充実度200%
私が焼いたパンは5個入れてあります。
(うちの子5匹に1個ずつ?笑)
1個、ここちゃんが歯型をつけてくれましたが
ふざけながらちょびに「それはここちゃんのだから、
ここちゃんが来るまで取っておいてあげてね」
と言っておきました。
あと、ミスドね! これは外せなくて~。
ちょび、油を舐めるのが大好きだった上にパン好きですから
ドーナツはちょびにとって幸せな食べ物だったのです。
生前はもちろん欠片しかあげられかったから、1個丸ごとあげるわ~。
(もうこの辺はすべて飼い主の妄想と気休めのためのイベントですw)

ちょびの前足の下あたりに置いてある小さい箱は
ちょび用のお弁当箱。
お弁当箱

中身は・・・
お弁当箱・中身
ちょびの大好物(食べたくても食べれなかった物を含む)と、
ちょびのごはんを入れてあげました。
ちょび~、大好物の中に犬おやつが多いのはなぜ?(笑)

で、最後に、
以前、私たちが大好きなサザンのライブで拾ってきた(爆)テープで
簡単にリボンを作って、おもちゃのネズミさん(牛柄でお揃いw)と
4Cの写真を入れて、送り出す準備完了。
テープには星模様が入っていたので
これからお星さまになるちょびにぴったりだと思ったのです。

完了。
ぎゅうぎゅう・・・(^^;)

お骨は、ステロイドを使っていた割に綺麗でした。
ただ、骨盤の間くらいの場所に、黒く炭のように焼け残ったものがあり
その辺が悪かったのですか?と斎場の方に聞かれました。
う~ん・・・そうかもしれないし、そうでないかもしれないし、
ちょっとわからんな~(汗)
あと、背骨はしっかり残っていましたが、色が真っ白ではなく、
赤く錆びたような色が少し混ざっていた感じだったのが
とても印象的でした。
斎場の方が「ちょびちゃんは足が長かったんですね~」と
びっくりしておられましたが、本当にちょびは足が長かったんです。
おかげで、チャコと同じサイズの骨壷にギリギリで入りました(^^;)
わんこは、頭の骨がかなりしっかり残るイメージでしたが
にゃんこはわんこに比べて頭が小さいのもあって
頭の骨より足とか背骨の方がしっかり残っている感じでした。

小さくなったちょび、
くーちゃんとチャコさんのお部屋へ引っ越しです。
引っ越しますw
(きくちゃんよりお花をいただきました。ありがとう!)

これまたぎゅうぎゅう、な予感・・・(^^;)


さて・・・

元気ですよ☆
残された2C(チビーズ)は元気ですよ。
か~な~りマイペースな2匹が残ってしまい、
これからブログネタに困りそうな我が家ではありますが、
チビーズと共にこれまで通り、仲良く楽しく暮らそうと思います。

かりんさんは怯えた顔を見せたあの時から
ちょびがお骨になるまでの2~3日、極度のストレス状態で
トイレにも行けない(我慢している)状態でしたが
ちょびがお骨になって帰宅した途端、へそ天で寝ています(^^;)
自分が育てた(笑)弟が・・・ということで
ちょびが視界に入っている間はショックも大きかったのかな?
ここちゃんは悲しげな表情を何度かしていますが
お兄ちゃんを探したりはしていないようです。
3日もすれば、きっと忘れて通常生活に戻れるでしょう、たぶん。

明日の日記もちょびの写真が続きますよ(予告w)
[ 猫の話&猫写真 ] CM0. . TOP ▲

 ワクチン接種&ここあの愛情

メモリアルボックスのメインのお写真が
ちょびに変更になりました↓↓↓
ちょびの引っ越し先
リズママと動物病院から供花をいただきました。ありがとう!

我が家のメモリアルボックス、
新しい住人(住猫)が現れてちょっと狭くなってまいりました。
(ただいまの住人・・・くれあ・チャコ・ちょび、の3匹)
でも、うちにいる犬猫たち全員がちょうど入る予定のボックスなので
残されたチビーズも安心してね(爆)
空き部屋あります
↑空き部屋あります(爆)


今日はここちゃんのワクチン(5種混合)接種の日。
ここちゃんを連れていくついでに、
かりんさんの心エコーの定期検査もしてもらうことに。
というわけで、夕方、一家総出で動物病院へ~。

ごきげんななめ
体重3.14kg・熱38.3℃・聴診問題なし・お耳綺麗・お目目問題なし。
「綺麗な鼓膜ですね」と褒められたここちゃんでしたが
ワクチン打たれる時はやっぱり噛まれました(私の手を犠牲に・・・涙)
ただ、今日はシャーって威嚇しなかったです。少し進歩か?
鼻たれ娘ですが、それ以外は元気なのが救いです☆

ここちゃんがアナフィラキシーを起こさないか、
30分ほど念のため観察している間に、かりんさんの心エコー。
おりこうにエコー検査を受けたかりんさん、
収縮率(FS)の値にも大きな変動がなく、
それなりに血液の乱流が起きているので今のところ大丈夫とのこと。
(通常は乱流は良くないわけですが、
かりんさんくらいの心臓病のレベルになると、
常々起こっている乱流が起こらなくなってくることの方が心配なのです)
また2~3ヶ月後に検査します。

そして、かりんさんを待っている間のここちゃんは・・・

か、可愛い♪
あらやだ。超可愛いじゃないの~。

そして最後に病院からお花をいただいて帰宅しました。

帰り道。
↑帰り道のかりんさん(ごきげん) ※まだ運転していませんw
今日のかりんさんは本当に静かに良い子にしていました。
みんなで出掛けたのが良かったのかな?

とりあえず、これで病院通いも一段落です。
あとは時々お薬を貰いに行くのと、
2~3ヶ月に1回のかりんの定期検診のみ。
ふぅ~、考えてみれば長い病院通いじゃったわい。
(去年の11月末から不定期ではありましたがずっとでしたからね・・・)



----------

ちょびが結腸の手術後、退院することになったのは
もう長くはない、と先生が判断されたからでした。
実際、あと何日生きられるんだろう?っていう状態でしたから。

で、家に帰ってきたちょびの姿をおさめようと
その日からコンデジがフル稼働しました。
6/19に退院してから7/3に亡くなるまで
15日間の間に

シャッターを切った回数 約500回
動画を撮った回数 約70回


というわけで、写真撮りまくりました(使えない写真も含む)
そして、ちょびがこれまた記念に残るような映像や写真を
た~くさん撮らせてくれたので、
今のところこの動画や写真を見ながら寂しい気持ちを慰めています(笑)

今日はその中で
ここちゃんの愛の軌跡(!)をご覧くださいませ。
以下の写真は全部、最後の15日間に撮った写真です。

ハグw
お兄ちゃんが好き。

いつも一緒
なんだかんだ言っても二人は仲良し。

看護師がついてますから!
いつもここちゃん看護師がついてます、ご安心を。

シンクロ兄妹
シンクロ兄妹。

最後の朝
お別れの朝。ここちゃんに舐められているちょび。

お別れの挨拶
ちょびの亡骸を優しく舐めるここちゃん。
(よほど愛情が強くないと、亡骸を舐めるなんてことはありません)


闘病中でも可愛い
「ここちゃん、ボクがいなくてもがんばれニャ!」
[ 猫の話&猫写真 ] CM0. . TOP ▲

 七夕ですね

お菓子
今日はももっちからちょびにお菓子をいただきました♪
焼き菓子だから、ちょびは大~好きだよねw 良かったね!
ももっち、ありがとう♪



ここちゃんの彦星は、お星さまになってしまいました。
1年に1回も会えないね。ちょっと寂しいかな?
昨日の夜は、少しだけちょびを探しているように見えました。
いつかまた彦星ちょびに会える日が来るといいね、ここちゃん。


お兄ちゃんと過ごした4年1ヶ月。
ここちゃんはおうちに来た日から
ず~っとお兄ちゃんのことが大好きでした。

お兄ちゃんと・1

お兄ちゃんと・2

お兄ちゃんと・3

お兄ちゃんと・4

お兄ちゃんと・5

ちょび、ここちゃんの面倒をたくさん見てくれてありがとう☆

いっしょ・1

いっしょ・2

いっしょ・3

いっしょ・4

ハート型
ハート型・・・



Tracy Chapman - Sing for you
[ 猫の話&猫写真 ] CM6. . TOP ▲

 生き生き介護倶楽部w

本日のチビーズ
本日の2Cチビーズ。いつものことながら微妙な距離感。
この2Cは、冬になりヒーターが稼働しない限り
隣同士で寝ちゃうくらい近付くことはたぶんありません(^^;)
あれこれ写真を撮ってみて思ったこと。
・・・この2Cを撮る時は寝姿ばっかりじゃ(爆)

お花追加
↑ケニママからお花をいただきました(右手前) ケニママありがと~!


ちょびの通院・介護、私は楽しみながらやっていました。
最後の方は1日2回(1回につきおよそ2時間弱)のお出掛けが
続きましたけど、一度も大変とは思いませんでした。
むしろずっとちょびと一緒にいられる時間が嬉しかったです。

さて、今日はそんなちょびが私を笑顔にしてくれた写真をUP。
あ、お笑い写真、ってことです(^^;)


三角関係w
昨日、ここちゃんとちょびの素敵な写真をUPしたばかりですが
現実は厳しく、我が家の3匹はこういった関係でした(爆)
ちょびはいつもここちゃんの保護者でしたが、
ちょびが好きなのはかりんさんだったのです(ぷっ)

ヘンタイちょび
なぜか私のスカートの中にもぐり込んできたヘンタイちょびw
(そんなこと、ちょびの一生のうちでこの時だけでした)

長っ!!!
ここちゃん・・・長っ!!!
STAR WARS のエピ4で、最初に出てくる宇宙船のインパクトといい勝負だわ。


燃料切れ1
必死にキャットタワーに登ったはいいが、
そこで燃え尽きたちょび(爆)

燃料切れ2
ベッドに入ろうとしている途中で
またまた燃え尽きたちょび(^^;)

燃料切れ3
座っているのではありません。うん○をもよおしておられます(爆)
「この格好がラクなのニャ」

背中を押してみるw
ちょっとここちゃんの背中を押してみる。
背中を押してあげたいことでもあったのでしょうかね?

いい湯だな
「いい湯だな♪ ハハハ~ン♪」(注:通院中ですw)

猫が落ちてますー!
「ママちゃーん! 猫が草むらに落ちてるよー!」

「生き生き老犬倶楽部」が休部状態だったのに
代わりに「生き生き介護倶楽部」の活動に励んだ私たちでした。
なんでも"生き生き"がよろしいかと思われます(笑)
Que sera sera です、なるようにしかならないんだから(笑)
[ 猫の話&猫写真 ] CM2. . TOP ▲

 2Cの生活

ちょびがお星さまになってから約1週間。
昔撮ったちょびの写真などを見ながら
「ひぇ~~~ ちょびってやっぱり可愛い♡」と
親ばか全開で過ごしているワタクシです。

昨日は、ちょびの医療費明細などを整理しました。
明細
どさっ!(下に見えるのは血液検査の結果。これもどさっ!笑)
昨年11月下旬から7ヶ月余りの明細なのですが、
こんなに病院に通いながらちょびは頑張ったんだね~。
病院に何回くらい通ったんだろう?と計算してみたら
およそ4日に1回のペースで通っていたみたいです。

でもそんなちょびですが、
チャコさんがお星さまになる前後は
ほとんど病院通いしなくていいくらい体調が良い時期が続きました。
やっぱ孝行息子だな~♪♪


さてさて、ちょびのことは少し置いておいて、
今日は2Cの生活をUP☆

鑑賞中1
朝からTVに見入るここちゃん。
「世の中にはワタシより可愛い猫さんがいるのニャ~」

鑑賞中2
「ほぉ~、写真の撮り方、勉強になるニャ~」

日よけスクリーン
番外編:午前中、4年ぶりに日よけスクリーンを新調しました♪
今回は色がベージュ(クリーム色?)なので部屋の中まで明るいです。
これで犬猫がベランダに出ても涼しいし、節電にもなりますよ~ん♪

疑惑猫・その1
夕方、たーちが飲み会だったので送って行った後
かりんさんとお散歩をしていたら、
近所の「ちょびの親戚疑惑がある猫」その1、に遭遇。
ちょびは我が家から200mほどのところで拾った子なので
近所にやたら似てる子がいるのですよ(^^;)

疑惑猫・その2
「あっちにもいるよ~」
ホントだね~。ちょびの親戚疑惑がある猫・その2でしたw

ごはんまだ?
お散歩から帰って・・・「ごはんまだですか~?」の2C。
ふたりともごはんはガツガツ残さず完食してます◎

ぐぅ。
ごはん食べたら爆睡~(笑)
かりんさん、足が上がってますが?( ̄m ̄* )ムフッ♪

ガスパチョとパスタ
これは人間のごはん。
現在、新たまねぎ・紫たまねぎ・じゃがいも・にんにく祭りを開催中なので
新たまねぎをたくさん使ったアンチョビのパスタと
紫たまねぎ・じゃがいも・にんにくを入れたガスパチョです。
[ 犬&猫 ] CM4. . TOP ▲

 今更ですが

おはようさん
朝。チビーズ、おはようございまーす!

あちー
昼。日よけスクリーンである程度陰になっているベランダに出て
まったりしていたかりんさん。
暑いんだったら早くお入り~!(この後すぐ帰ってきました。爆)


「ハリー・ポッターと死の秘宝」Part1が
上映され始めた頃と同時期に
ちょうどちょびが病院通いをし始めました(11月中旬)

ちょびの体調が良くなったら観に行こう、と決めていましたが
結局体調は良くならないばかりかちょびはお星さまに。
そしてPart1のことなどすっかり忘れていた私たち(^^;)

Part2が15日公開ということで、
もしかしてPart1の復習上映やってるんじゃ・・・?と思い
調べてみると、やってましたヽ(^◇^*)/
1日1回の上映、しかも吹替版だけどそこは我慢して(笑)、
かりんさんとここちゃんに早めの夕飯をあげた後、
早速観に行ってきましたよ。

いつものシネコンとは違うシネコンに行ったのですが
車で走っていると今日は桜島がとっても綺麗だったので
ちょっと道路脇に車を停めて堤防の近くまで歩いて行って桜島を撮影w

桜島
鹿児島のシンボルですね。

よし綺麗に撮れた、と思って、車で待っているたーちのところへ
てくてく歩いて戻ってきたら、たーちが「後ろ!後ろ!」と
指差すので、今来た道を振り返ってみると・・・

噴火・・・
あらまっ、噴火です~!(このくらいでは音もしないw)
上の綺麗な桜島からわずか3分後でした。

噴煙
噴煙は風に流されます。風向き注意!
(風向きが悪いと10分後には灰まみれになる可能性も。笑)
今日の風向きは・・・今いる場所は大丈夫だけど
我が家の方角は微妙なところだなー(滝汗)

降灰
桜島の麓の部分を拡大してみました。降灰凄いです。
桜島の麓には民家も結構ありますからね、そこに住む方々は大変です。
でも、この噴火の規模は日常茶飯事ですよ(^^;)


「死の秘宝 Part1」の感想ですか?
本を読んだのがもうかれこれ3年半くらい前?ですから
話の内容、すっからぽーん!と忘れてました(爆)
ああそうだったかも、なんて思いながらの2時間半。
さすがにクライマックスだけあって、重たいなー。重いです、うん。

映画が終わったらさっさと帰宅。
かりんさんとここちゃんには
2階のリビングでお留守番してもらっていたのですが
ここちゃん、何も齧らず良い子で待っていてくれました。
(最近、3時間程度なら、ケージに入ってもらわなくても
リビングでお留守番出来るようになりました!)

お留守番のお礼に、2Cチビーズとパズルゲームで遊びました。
チビーズはどちらも今まであまりパズルゲームに興味がなかったんです。
でも、スライド板を少しだけずらして開けやすい状態にし
難易度を下げてみたら、ふたりともやる気が起こったらしく
何回もおやつGETしていました。
このパズルゲームが得意だったちょびがいなくなって
パズルゲームする子がいなくなったと嘆いていたのですが、
後継(爆)が出来て良かったです(^-^)

その後、私たちがテーブルでコーヒーを飲みながら話をしていたら、

立派なへそ天
かりんさん、立派なへそ天で爆睡なさいました(爆)

爆睡w
ここちゃんが通っても気付きません。大物じゃww


ちょびの蔵出し写真を集めているので
また明日以降、ぼちぼち載せますね☆
乞うご期待!
[ ヒト日記 ] CM4. . TOP ▲

 ちょびとまめ姉さん

おはようここちゃん
おはよう、ここちゃんw

伸び!
伸びっ!!

我が家では2Cのことを「チビーズ」と呼んだり
「おちょまめ」と呼んだりします。
(おちょ=ここちゃん、まめ=かりんさん)
今日もおちょまめは変わりない一日を過ごしました。
エアコンを入れている時間が長くなってきて
ここちゃんの鼻がよく詰まるようになってきたので要注意です。



さて、予告通り、今日はちょびとかりんさんの回想写真をUPしますw
ちょびは最初、よそに里子に出すつもりでいたので
情が移らないよう、デジカメでは写真を撮っていません。
全部ケータイで撮影した写真です。
(しかも当時のケータイ写真ってサイズ小さい。汗)
うちの子になると決まってから
デジカメで写真を撮るようになりました(^^;)


拾ってきた日 ご対面
↑2003.08.18.午後7時半ごろ、ちょびを偶然道端で拾いました。
左は拾ってきたばかりのちょび。全身ノミだらけでした。
シャンプーやノミ取りコームで徹底的にノミを落とした後(右)、
チャコかりんとご対面しましたが、
かりんさんはいきなりちょびと同じケージに入ると言って
早速世話を焼いていました。

かりんと・1 かりんと・2
ひと目会ったその日から・・・なのか?(笑)
ちょびはかりんさんが好きになり、
かりんさんは勝手に母性本能全開になったのでした。
ちょびが病院で健康状態のチェックをしてから
(保護して2~3日後)里親候補のお宅へお泊まり保育へ行った時には
あの食い意地が張ったかりんさんがごはんを食べなくなり、
一日中家の中を探し回ったんですよ。
そんなわけで、
里親候補宅の先住ワンと相性が悪くて帰宅したちょびは
そのまま我が家の長男になることが決定しました。

かりんと・3 かりんと・4
いつも面倒を見てくれたかりん姉さんのおかげで
ガリガリ君だったちょびはすくすくと大きくなりました。

お目目ピカー!(笑)
当時はデジカメでの撮影の仕方もあんまり知らなかったもんで
やたらフラッシュ焚いておりますが(笑)、
こんな感じで小さなちょびの傍にはいつもかりんさんがいました。

こっそり・・・w
お姉ちゃんたちの間にこっそり入って寝るちょび。

大きくなりました
上の写真と同じ場所で撮影していますが
あっという間に大きくなったちょび(我が家に来て1ヶ月弱)
でもかりんさんは相変わらずちょびを大事にしてくれました。

一緒にねんね
体が大きくなっても、この時まだちょびは8ヶ月。
かりん姉ちゃんにいつも甘えていたちょびです。

虫さん・・・
虫さんを眺める二人。相変わらず仲良しだね。

車の乗り方
かりん姉さんは小さくて(笑)、車の外を見るのが不得意なので
そこはチャコ姉さんに教えてもらいました。
そしてちょびは、亡くなる1ヶ月前まで、猫にしては珍しく
こんな感じでお外を見ながらドライブしていましたよ。

懐かしのベッド
かりん姉さんと一緒にいつも寝ていた想い出のベッド。

姉と弟
ちょびにとってかりんさんは
小さくても頼れるお姉ちゃんだったのかな・・・。

いつまでも大好き
大きくなったらかりんさんにたいていウザがられていたちょびですが
今から20日前、体調が悪くなってもう無理かも、と思った頃に
かりんさんのところへ歩いて行って、
そっとかりんさんのお尻に頭をくっつけたのです。
いつもなら「やめてよ」と言うかりんさんが
黙ってそのまま寝ていました。
かりんさんなりに、ちょびのことを気遣っていたんだね。

かりん姉ちゃん大好きだよ
「ボク、かりん姉ちゃんが大好きだったよ」―ちょびより。
[ 犬&猫 ] CM4. . TOP ▲

 静。

び、微妙・・・
↑なんともびみょ~な距離の写真ですが、
この二人はたいていこんな感じです(^^;)
特にお互いを気にすることもなく、
犬は犬らしく(?)、猫は猫らしく生きております。

ぐぅ。
このピンクのベッドはちょびが最後に寝ていた時から洗っていないので
ほんの少しだけどまだちょびの匂いがします。
(ちょびそのものには体臭は全くなかったのですが、
あの子、最後は下半身が汚れていたのでその匂いね。爆)
わざと洗わないで置いていますが、
ここちゃんはなんとな~く毎晩このベッドで寝ていますよ。

ちょびがいなくなっておよそ10日。
チャコさんの時は悲しさもあまりなかったし、
寂しさもそこまで感じませんでしたが、
ちょびがいなくなったらやっぱりだいぶ寂しいです。

だってね、チャコさんは犬らしく甘えてくれる子だったし
ちょびは猫らしく甘えてくれる子でしたから。
2匹いっぺんにいなくなっちゃうとね~(^^;)
チャコもちょびも「抱っこ~♪」とせがむ子たちだったしね。


残ったおちょまめ(2Cチビーズ)は
どちらも超マイペースな子たちで、
抱っこはあまり好きじゃないし
ほとんど甘えないし・・・(;^_^A アセアセ・・・

昼間なぞ、あまりに静かなので
「あれ?私、犬と猫を飼ってるはずなんだが??」
と思うくらいですよ(爆)

でもね、チャコさんやちょびと違って、
2Cの場合は面白い写真が撮れるんですw

お手手ぬんっ!
所在不明だと思ったら、ハンモックから手だけニョッキリ出ていたり、

>> ReadMore
[ 犬&猫 ] CM2. . TOP ▲

 おまめさん

かりんさん、2ヶ月ぶりにトリミングへ行きました。
2ヶ月前のトリミングの時に
「チャコが1ヶ月前に亡くなったんですよ~」
という話をした記憶があるんですが、
今回のトリミングでは
「ちょびが10日前に亡くなったんですよ~」
という話になり・・・(汗)
トリマーさんもちょびが通院していたのは知っていたけど
死んじゃったと聞いてびっくりされていました。

まあ、考えてみれば3ヶ月弱の間に2匹ですからね。
驚かれるのも無理はない、か。
供花までいただいてしまいました。
チャコの時のお礼すらしていないのに
なんだかスミマセ~ン・・・ペコリ(o_ _)o))


2時間半ほどで、かりんさんが綺麗に変身して帰宅しました。

まずはビフォー。
before

そしてアフター。
after

お目目くりんくりんになって帰ってきましたの。
可愛いでしょ?(←親ばか全開w)
12歳半の可愛いおばあちゃんですの。ホホホ。


可愛いついでにもう1枚。
ふふん♪
じーっと見ていると
なんだかよくわからない生き物に見えてくる・・・(^^;)
まめさんは・・・たぶん犬だと思いますよ(爆)
[ 犬の話&犬写真 ] CM0. . TOP ▲

 ここちゃん、怖っ!

朝からここちゃんが足繁くトイレに通っている様子。
うん○もおしっこも済ませたのに何やってんの~?と思ったら
真面目な顔でしゃがんでいます。

あちゃー、また膀胱炎ですか。
(ちなみに前回は東北の大震災の前日でした)

膀胱炎は癖になると言いますからね。
ここちゃんは膀胱炎になりやすい体質なのかもしれませんねぇ。
ちなみに、ちょびは一度もなったことがありませんでした。
やっぱり人間と同じで女の子に多いのかな?

木曜日、病院は予約制なので
早速電話して10:30に予約を入れました。

病院への道中、いつもの道が異常に混んでいて
しかもちっとも車が動かないので(事故だったのかなぁ?)
途中でUターンして別のルートを通って行くことに。
遠回りしたのでいつもより時間がかかった上に、
ここちゃんったら3回もキャリーの中で
うん○+おしっこ、うん○、うん○、・・・と
がっつりもよおしてくれまして・・・(T-T)
(どうやら、キャリーに入るとトイレをもよおす、という関連付けが出来てしまっている様子。
猫は一回でもそういう経験があると関連付けられるのは珍しくないのですが・・・)

そのたびに車を脇に寄せて停車して、
せっせと敷いているトイレシートを交換していたら
余裕を持って家を出たはずが、
予約の時間を2分ほど過ぎてしまいました(滝汗)
先生がまだ他の子の検査をしていらっしゃるところだったので
良かったんですけどね ( -.-) =з

熱は平熱、体重は3.14kg、特に問題ありませんが
道中おしっこをトイレシートにしてしまった(絞り出したらしい)ので
膀胱におしっこが全く溜まっておらず、肝心のエコー検査が出来ません。

仕方がないので、とりあえず今日は注射、
そして明日からお薬を飲んで様子を見てみることに。
エコーは、膀胱壁の厚さを見たり、結石の有無を調べたりするためなので
また今度でもいいや、ということになりました(てげてげ。笑)

ここちゃんがとっても苦手なチックンお注射ですが・・・

ここちゃん無双。
ぎゃーーー(恐怖)
やっぱり威嚇されました(^^;)
しかもこれは1本目の注射(止血剤)の時の写真。
2本目の抗生剤の筋肉注射の時には
そりゃ~もう凄い暴れっぷりでした~(=^‥^A アセアセ・・・

わんこと違って、にゃんこはこういうところが大変ね(滝汗)
嫌な経験がないような幼い頃から
痛さに耐えられずにこういう行動に出てますから。

でもね、ここちゃん、診察台から逃げ出したりするようなことは
全くないんですよ。変でしょう?(笑)
しかも、お注射が終わって会計を待っている間、
スタッフさんからサプリのタブレットを貰って
喜んでカリカリ食べていました(^^;)
別に病院嫌いなわけじゃなくて
触られたり痛かったりするのが嫌なのよね、ここちゃん。

はぁ~酷い目に遭ったわ。
「はぁ~、散々な目に遭ったわっ!」(←それはこっちのセリフw)

猫の膀胱炎にもストレスは関係しているようなので
先生がおっしゃるには、
おそらくちょびが居なくなって環境の変化があったことが
少なからず関係しているのではないかということでした。

帰宅してお水を飲ませたりした後しばらくすると
ぐぅ。
疲れたのかお昼寝を始めました。

白目~!!
お昼寝はいいけど、白目はやめてー!(爆)

そして、お昼寝から目覚めたら、
元気なことは元気です。
届いた荷物の中に入っていた隙間埋め用の紙の間に挟まって
ひとりで楽しげにキョロキョロしてました(しかも20分も!爆)

夜になって、またしばらくトイレに通っていたので
ちょっと心配ではありますが、
明日からお薬飲ませながらしばらく様子を見てみます。
本猫は至って元気なのですぐ良くなると思いますけどね。


今日はたーちがお弁当なしでいいとのことだったので
朝から張り切ってかぼちゃプリンを作りました。

かぼちゃプリン出来ました
食べる人が2人しかいないのに、ちょっと多過ぎたかな(^^;)
(18×18cmのスクエア型にいっぱい入ってますw)

かぼちゃプリン
カラメルを作る時に慌ててちょっと失敗しちゃったけど
美味しく出来ましたw

おいちい♪
↑スプーン(大)で掬ったところw
お昼ごはん代わりに食べちゃった(*≧m≦*)ププッ
とっても美味しかったです。明日もいっぱい食べよう!(爆)
[ 病気&通院&薬&フード ] CM9. . TOP ▲

 効きが悪くて?

ぼへー
ぼへ~(笑)

昨日、朝から注射を打ってもらったにも関わらず
昨夜も今朝もトイレに足繁く通うここちゃん。

今朝から投薬も始めましたが、
ふと思い返すと、前回は注射ですぐに症状が治まったような気が。
あれ?注射効いてないっぽいけどそのまま投薬でいいのかな?

ということで、朝から確認のために病院へ電話。

先生によると、注射の効果=症状が治まる、というわけでは
ないそうで、症状が治まるまで2~3日かかることもある、とのこと。
なので2~3日は様子を見てもらって大丈夫、だそうです。

たとえば、まれに菌が強くてなかなか症状が改善しない場合は
また別のお薬を使ったりする必要も出てくるかもしれないし、
最近お医者さんの間で言われているように
ストレスから来ている膀胱炎ならば、
お薬を与えても効くわけないじゃん・・・なわけで(笑)
そういう場合は、精神安定剤などを投与することもあるそうですよ。

2~3日様子を見て治らなかったらまた心配することにします(笑)



(コメント非表示推奨)

毎晩月が綺麗ですね。
[ 病気&通院&薬&フード ] CM0. . TOP ▲

 調子が出ない

肉球
ここちゃんの肉球は牛模様で~す。

調子が出ないのは私です(笑)
なんかね、毎日2Cのブログネタを探してるんですが、
なかなか見つからんのですよ。

写真を撮ってみると、ここちゃんは、
テレビ観てる・鼻水垂らしてる・寝てる・まったり・時々可愛い感じ・・・
という5パターンでほぼ固定(^^;)

かりんさんは、
寝てる・にっこりしてる・寝てる・まったり・寝てる・・・
みたいな感じだし~(^^;)

あっ、かりんさんのお散歩は近頃ずっと気温が高いので
夕方と夜はやめにして、朝早くの時間帯に変更になっています。
朝一番に、たーちと一緒に近所をテッテケお散歩してますよ。

夕食後
晩ごはんを食べた後のおちょまめ(2Cチビーズ)
相変わらず、近くにいることはいるのだけど
特に絡みはありません(爆)

ハリポタ
地上波でやっていたハリポタを熱心に見るここちゃん(^^;)
鳥の羽音やディメンターが飛ぶ姿が
大変興味深かったのだそうです(爆)
[ 犬&猫 ] CM4. . TOP ▲

 お久しぶり~

お友達のEちゃんとMちゃん姉妹が遊びに来ました。

かりんさんは久しぶりの来客にちょっと興奮気味。
でも興奮に付き合ってくれるチャコさん(爆)はもう居ないので
ほんの1~2分ほどで落ち着きましたw

お久しぶりねw
Mちゃんがかりんさんにそっと手を差し出したところ。
かりんさん、まだちょっと緊張の面持ちです。

あ、知ってるよ。
「あ、この人知ってる」と我に返って思ったらしく(笑)、
気付いた途端にMちゃんに寄っていくかりんさんw

くんくん
そしてEちゃんにもクンクンw


病院ではあんなに人に触られるのが嫌なここちゃんですが、
Eちゃんたちが来た時から

撫でれ。
↑この格好でお出迎えして、
「そこもと、わらわを撫でるのじゃ」だそうです(^^;)
(でもお腹をじかに撫でようとするとやっぱり噛まれそうになります。爆)

きゅぴーん☆
Eちゃんの前で きゅぴーん♪ なここちゃん。
この前の怪獣顔のここちゃんと同じ子なのかしらん?(笑)


朝からマフィンを焼いておいたので、みんなで一緒に食べました。
あと、かぼちゃプリンも追加で作っておいたからそれも食べた~♪
おしゃべりしながらおやつ食べるってやっぱり楽しいねぇww
気付いたら4時間もおしゃべりしてました(笑)

マフィン
マフィン美味しかった☆
初めてラムフォードのベーキングパウダーを使ってみました。

前回Eちゃん&Mちゃんが来た時には
まだチャコもちょびも元気だったんですよね。
なんか2Cだとやっぱり違和感ある~、って言われました(^^;)

今日は遊びに来てくれてありがとうね!
また遊びに来てねー♪
[ 犬&猫 ] CM0. . TOP ▲

 なでしこ!!



心臓に悪い試合でしたね~(笑)
でもアメリカがPK1本目を外した時に
「これはいける」とようやく思えました。


それにしてもワールドカップで優勝とか・・・号(┳◇┳)泣


優勝したことで早朝にたくさんのパワーを貰ったんですが
それをチャージする前に応援で疲れ果ててしまいましたよ(爆)


というわけで、我が家は昼からビールで乾杯しましたww
(私はノンアルコールビールで。笑)


なでしこ、おめでとう&ありがとう!!!
[ ヒト日記 ] CM0. . TOP ▲

 似てきたねw

ここちゃんの膀胱炎のお薬が切れるので
夕方、たーちが帰宅してから病院へ行ってきました。

たーちに運転してもらって
私はここちゃんを出来るだけキャリーに入れずにお膝抱っこ。
病院へ行く1時間半前に
ここちゃんがおうちのトイレでおしっこしてしまったので、
せめて病院到着までに少しでも膀胱におしっこを溜めないと
エコー検査が出来ないからです(^^;)
(ここちゃんはキャリーに入ると大や小をもよおします。爆)

JRの踏切で電車が通るのを待っている時、
じーっ
ここちゃんがやたら一生懸命外を見ているので目を凝らしてみると

スズメさん
スズメさんがいました。
獲物を見つけてテンションあがってたのね(汗)

ドライブ1
キャリーに入れなければ、ここちゃんはトイレももよおさず(笑)、
意外といい子にしています。
時々ダッシュボードの上に乗りたくなるらしく
そういう時は気をつけないといけないんですけどね。

ドライブ2
ここちゃん・・・その姿はなんだかお兄ちゃんに似てきたね☆

↓お兄ちゃん(6月初旬)
見学。

おしっこは案の定あまり溜まっていませんでしたが
エコー検査はとりあえず出来ました。
今日は怪獣ここちゃんにもならずに、大人しくおなかの毛を剃られて
エコー撮影に応じたここちゃんなのでした。
症状は治まりましたが、膀胱壁の肥厚がまだ見られるので
あと10日ほどお薬(抗生剤)を飲む予定です。

そしてついでに一緒に病院に行ったかりんさんは
最近ちょっと目ヤニが気になっていたので
涙の量の検査をしてもらいました。
涙の量は正常だったのですけど、どうやら少し瞼に炎症があるようなので
軟膏を貰って帰宅しました。

ねむねむ
最近、夕食後にたーちの膝の上を占領するかりんさん。
あれっ・・・?

↓4ヶ月前のチャコさん。
チャコさん
かりんさん、チャコさんと同じことやってるんだね(笑)
もしかして真似っこ?(笑)

本当はチャコさんがお膝抱っこされている時に
かりんさんも羨ましく思っていたのかな~?と思ったり。
飼い主が勝手に似てきたと思っているだけかもしれないけどね(^^;)


少し近い(笑)
今日はなぜかいつもより少しだけ距離が縮んだおちょまめでした(笑)
[ 病気&通院&薬&フード ] CM0. . TOP ▲

 お誕生日

ちょび1
↑ちょびの写真の中で一番のお気に入り~♪


本日、7/20は、ちょび・8歳のお誕生日(推定)です。

8歳まで17日足りずにお星さまになってしまいましたが
闘病中は「8歳まであと少し頑張ってくれないかな~」という気持ちが
結構大きかったんですね。
でも実際に17日経ってみると・・・
いやぁ~、あと17日なんてやっぱ無理だったわ、ちょび(笑)
私の中でちょびの最期はなんかもう遠い昔のことのようです(^^;)

残念ながら生きているうちに8歳を迎えられなかったので
今日はささやかにドーナツでお祝い(自分が食べたかっただけ。爆)

ミスタードーナツ
ちょびの大好物よ~。ママちゃんが代わりに食べてあげるねww

療法食のかりんさんはともかく、
ここちゃんにはお兄ちゃんの誕生日にもご馳走を・・・と
思っていたのですが、膀胱炎になっちゃたからね~(^^;)
結局、いつもどおりのごはんでした(笑)
ドーナツのかけらだけおすそわけしましたけどね(* ̄m ̄)プッ

ここちゃん
「お兄ちゃん、ワタシはそれなりに元気にしてますニャ~」

ちょびのお誕生日は推定です。
ちょびが我が家にやってきたのは8/18の夕暮れ時。
次の日、病院に連れて行ったら
「ちょうど生後1ヶ月くらいですね」と言われたので
7/20をお誕生日と決めました。
ちょびが産まれた当時は7/20が「海の日」だったのですけどね、
最近は違うもんねぇ~。今年は18日だったし。
祭日もややこしくなってきて困ります(笑)
ややこしや~~ ややこしや~

ちょび2
ちょび、ようやく8歳になったんだね。
おめでとう!
[ 猫の話&猫写真 ] CM2. . TOP ▲

 寝姿いろいろ

台風が過ぎて、とても暑い一日でした。
かりんさんは朝のお散歩でご機嫌にいっぱい歩いたそうですが
(たーち担当)、おうちに帰って朝ごはんを食べたら
あとはグーグー寝てましたww

寝姿1
おなかいっぱい。眠くなっちゃった。

寝姿2
んがー。

寝姿3
別角度から。どんだけ幸せそうなの?(笑)

寝姿4
この前足、ツボです( ´艸`)

一日あれこれ写真を撮ってみたけど、
結局寝姿ばっかりだった・・・なぜ??(爆)


そして、ここちゃんは・・・

寝姿5
横になっているたーちの視界に入るように
ドテッと寝そべってました。
最近、撫でて欲しい時はこんな感じで撫でられるのを待ってます(^^;)


夕方、たーちが普段より1時間ほど早く帰宅しました。
明日から1ヶ月ほど夏休みです。
ああ~、お休みなのは嬉しいけど、
毎日お昼ごはんの心配をするのが面倒だわ~。
[ 犬&猫 ] CM0. . TOP ▲

 今ごろ・・・(笑)

おちょまめが晩ごはんを食べて満足してグーグー寝ている
午後10時ごろ、人族はちょいとお出掛けして
Pirates of the Caribbean 4 をレイトショーで観てきました。
これまたちょびの看病中で観に行けなかったので
今さらなのですけどね~(^^;)

今さら、ということで
3D+吹替版でしか上演していませんでした(爆)
ま、3Dは映画館でしか観られないからいいか。

日本人俳優で出演していた松崎悠希さん、
だいぶ騒がれていたのでどんな感じなのかと思いましたけど
私が観ていた限りでは、セリフって一言二言でしたよね?
目立たな過ぎて観落とすところでした。

う~ん、感想は・・・
黒ひげのインパクト薄過ぎ。
アンジェリカ、エリザベスとキャラかぶり過ぎ。
宣教師、ちょっと何言ってるかわかんない(byサンドウィッチマン富澤。爆)

でもいいのです。そこにキャプテン・ジャック・スパロウがいれば。

・・・という映画でしたねww
なんじゃかんじゃ言ってもジョニー・デップファンだから
やっぱりDVD買うんだろうな@σ(-_-)ワタシ


[ 音楽&DVD&映画 ] CM0. . TOP ▲

 プチオフ

こんにちは。
みなさん、コニチワ~♪ かりんさんですよ☆

リズママ家とプチオフしてきました~。
暑過ぎるのでドッグカフェに直行して
パフェやかき氷を食べながら2時間くらいおしゃべり。

リズちゃん
リズちゃんも元気ですよ~♪

くんくん
看板ワンちゃんのお尻をこっそり?嗅ぐ二人(笑)


リズちゃんはたいていわんこメニューを注文するのですが
かりんさんはいつも持参のおやつばかり。
たまにはわんこメニューも食べようか~、ということで
ごはんベースのわんこごはんを注文しました。
リズちゃんはわんこ用のロコモコを注文(^-^)

くださーい!
かりんさんのごはん、来ましたよ~。
わくわく顔のかりんさん。そして横からのぞくリズちゃんww

ガツガツ・・・
がつがつと秒殺で完食するかりんさん(爆)

ロコモコを食す。
リズちゃんもリズママにトレイを持ち上げてもらって
上品にロコモコを食します。ぱくぱく。

!?
うわっ、先に食べ終わったかりんさんが乱入!(爆)
リズちゃんびっくり!!
かりんさんはリズちゃんの食器の横に付いたごはん粒や
下に少しこぼれたごはんをしっかり食べていました( ´△`)
トレイを持っていたリズママも大笑い。
いつでも欠食児童なかりんさんでゴメンナサイ (;´д`)トホホ

散策w
ごはんを食べ終わったら、他のお客さんがいなかったので
カフェ内を自由に散策w
かりんさんはやっぱりおやつの人(=リズママ)が気になります(爆)

2時間くらいおしゃべりしていたら
リズちゃんが「お外行きたいなぁ~」と
リズママにお手手でチョイチョイと合図していたので
木陰がある場所へ移動して少しお散歩しようか、ということになりました。
カフェを出てみたら、日が陰っていて気温が少し下がっていてラッキー。
木陰があってカフェから一番近いと思われる
県庁裏の公園に行くことにしましたよ。

↓相変わらず絡みはないけど平和な二人のお散歩w





お散歩
リズちゃん、車から離れて歩きだした時は
「車に帰りたいです~」って言ってたけど、後半は元気に歩いていました。
(たぶん車の方に戻っていたからだと思うけどね。爆)

一緒にくんくん。
真新しいわんこメールを発見したのか、
ふたりで一緒にクンクン(笑)
一緒のおうちに住んでるわんこみたいだねww

てくてく・・・
お散歩楽しかったです~。
ただ、私は蚊にたくさん刺されちゃった(^^;)
痒いよぉ~。

元気♪
かりんさん、朝もお散歩でたくさん歩いたのに
夕方もたくさん歩いたね~。
その代わり、この後、太陽電池が切れてましたけどね(爆)


撮った写真を見てみたら、
リズちゃんがお尻を向けてる写真ばっかりだった(^^;)
わんこマナー良すぎるのでなかなかお顔は撮れませんでしたw
リズママ家のみなさん、今日も楽しかったね☆
また遊ぼうね~!

※同じ日のリズママの日記は こちら です~♪
[ ゆるゆるワンライフ ] CM2. . TOP ▲

 日曜だけど

日曜日だし、たーちはすでに夏休みに入っていますが
今日はちょいとお仕事があったので
昼前から夕方まで居ませんでした。

で、かりんさんは昨日たくさん遊んだので本日は休養日。

ぐーぐー。
さすがに今朝はお散歩には行かないと言って、
一日グーグー寝てました(笑)


昨日プチオフの間ひとりでお留守番だったここあさん、
どうやら寂しかったようで、
昨夜はかりん姉ちゃんの近くにくっついてましたよw

気になる1
気になるので隣に来てみましたw

気になる2
気になる・・・じーっ・・・

・・・寝たw
そしてそのまま就寝(笑)

どうやらここちゃんはお姉ちゃんを頼りにしているみたいです。
絡みがないフリして、いつも一緒に居たいんだねぇ(^w^)ぶぶぶ・・・
[ 犬&猫 ] CM0. . TOP ▲

 眠たい夏休み

朝、やたら鳥の声と羽音がするので外を見ると、

鳥1
ぎょえーーー! 鳥の大群!

鳥2
これ、何という鳥さんなのでしょうね?
曇っていて暗いのと逆光で、体の色も何にもわかんなかった。
とにかく凄い数が電線にとまってました。

ぐぅ。
今日のここちゃんは、大量の鳥さんを観察した後、
私のてのひらに頭を乗っけてぐーすか寝てました(カワユス)
たーちはようやくちゃんとした夏休みが到来したということで
今日は一日寝てばっかりでした~(^^;)
私もおちょまめも付き合って寝てみたけど
どんだけでも眠れることに気付いて恐ろしくなったのでした(爆)

セロリとささみの炒め物
食欲がない夏に、セロリとささみの炒め物はいかが?
白しめじがあったのでそれも入れましたよ。うまいー♪

見~た~な~~
晩ごはんを食べ終わったらさっさと自分の巣(笑)へ帰るここちゃん。
「おちょ~♪」と呼んだら睨まれました(^^;)
はい、静かにしまーす(^^;)
[ ヒト日記 ] CM4. . TOP ▲

 ここあよ、おまえもか!?

おはよう
おはよう。お天気の良くない朝です。

朝5:30、ここちゃんが嘔吐しました。
毛球かと思ったけれど、消化したフードの色をした胃液と
毛球にもならないくらいの少量の毛だけでした。

なぬ?と思って考えてみましたが
全く体調不良を引き起こす原因がわかりません。

その後、7:00には朝ごはんを普通に食べたここちゃん。
普通に食べられるならばそんなに心配する必要もないな、と
思っていました。

お昼寝
パパと仲良くお昼寝。

口開いてます(^^;)
鼻が詰まってるので口が開いています(^^;)


ところが、私とたーちが近所のスーパーへ
買い物に行っていた15:00ごろ、再び嘔吐していました。
今度はふやけた状態のフード(8時間ほど経っているのに未消化)と、
またまた毛球にならないくらい少量の毛が入っていました。


たーいへーん! 1日に2回も嘔吐ですよ、奥さま!!


かかりつけの病院へ(16:00からの午後の診察に)早速連れて行きました。

熱もなし(38.6℃)体重も特に変化なし(3.14kg)触診でも特に何もなし。
腸管膜リンパ節がほんの少し腫れているかも、というくらいでした。
嘔吐で出てきてはいないけど、
毛球がどこかに詰まり気味になっているのかなぁ?

不機嫌・・・
触診でおなかを触られまくってシャーシャー言った後のここあさん。

ここちゃんのことなので異物誤飲も
可能性としてないわけではないのですが、
ここちゃんに誤飲された覚えが全くないんですよねぇ・・・。
ならば、ごはんを食べていて食欲もあるから
もしかしたら膀胱炎で今飲んでいるお薬が原因で胃が荒れてるのかも、
とのことで、胃薬(イサロン錠100mg)をいただきました。
猫さん、胃は強い方なので、
今飲んでいるバチリオンくらいなら胃薬は要らないくらいなんですけどね。

帰ろう!
「わらわは はように家へ帰るのじゃ

家に帰ったここちゃんは、晩ごはんをモリモリ食べて
ぐぅ。
その後、熟睡したのでした・・・。

とりあえずは様子見かな。
それにしても、ちょびに続き、ここちゃんも嘔吐とは。
ちょびも免疫関係弱かったんですけど、
ここちゃんもうちに来た時から免疫関係よわよわ~なので
気を付けてあげないといけませんね。

う~ん・・・ここちゃんはうちに来た時から
長いこと免疫力を高めるためにプロポリスをあげていたし、
半年ほど前からはちょびが飲まなかったD-フラクションを
ここちゃんが代わりにずっと飲んできたし、
それなりに気を配ってきたつもりではいるんですけどねぇ。
最近鼻詰まりも少し苦しそうだから、どこか弱ってるのかもね。
[ 病気&通院&薬&フード ] CM0. . TOP ▲

 また嘔吐

今日も朝5:30に嘔吐したここちゃん。
良くないですね~。

朝ごはんも2/3残しました。
いろんなフードを混ぜてあげているので
もしかしたらそのうちのどれかが気に入らないのかも、と思って
混ぜずにあげてみたら、アボ以外のフードはちゃんと食べました(^^;)
(おーい、元々ここちゃんのフードはアボなんだぞー。爆)

うん○もちゃんと健康そうなのが出てるし、
何が問題なんだかほんとによくわかんないです。

昨日は15時ごろにも嘔吐したけれど
今日は夕方まで嘔吐がなくて良かったわ~と思っていたら
18:30に嘔吐・・・(-ω-;)ウーン

病院へ連れて行っている間に病院が閉まってしまうので
病院へ行くのは諦めて電話してみました。
ごはんを食べているようなら(薬も飲み始めたばっかりだし)
もう少し様子を見ていいとのこと。
それから、食後すぐではなく、食前に嘔吐しているので
食事の回数を通常の2回 → 3回に増やしてみてくださいとのことでした。

で、晩ごはんはここちゃんがちゃんと食べそうなフードを
あげてみたのですが、半分残しました(ヤバい雰囲気・・・)
3時間ほど間隔を空けて、再び残りをあげてみたら食べましたけどね。
でも、お皿からは食べなくて、手のひらに乗せたら食べる、という感じで
ガツガツ食べました、という感じではないのです。

明日の朝もまた吐いちゃうかなぁ。ちょっと心配です。

テレビ面白いね~
↑動物番組が大好きなここちゃんです。
今日もこんな感じで20分以上テレビ観てました(^^;)


↑TVに見入るここちゃん。興味がある時は近くに座って観てますw
[ 病気&通院&薬&フード ] CM0. . TOP ▲

 どんだけ素晴らしいんだ!

ここちゃん、朝6:30に嘔吐。ごはんは手のひらに乗せたら食べました。
今日は1日3食にする予定だったので
15:00に昼ごはんをあげようとしたら、14:50に嘔吐(;_;)
で、昼ごはんは食べないというのでしばらくほったらかしに。
17:00ごろようやく手のひらに乗せてあげたら食べました。

こんな調子で少々心配だったのですが、
今日は前々から演奏会へ行く予定にしていたので
18:00過ぎに予定通り出掛けました。
ここちゃんがもし次に嘔吐するとすれば23:00ごろなので
おそらく大丈夫・・・なはず。



今日の演奏会は、霧島国際音楽祭のオーケストラ・コンサートです。
読響正指揮者の下野さんが毎年参加するようになってからは
必ず聴きに行ってます。


~キリシマ祝祭管弦楽団公演~

モーツァルト : 歌劇「フィガロの結婚」序曲
ベートーヴェン : 交響曲第2番
ブラームス : ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲

ソリスト:
樫本大進 (Violin ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団第1コンサートマスター)
堤 剛 (Cello 霧島国際音楽祭音楽監督・桐朋学園大学学長)

指揮:下野竜也 (読売交響楽団正指揮者)
管弦楽:キリシマ祝祭管弦楽団


演奏会なう。
大入り満員。写ってませんが最後列の後ろには立ち見の方々もたくさん!

毎年、下野さんのプレトークから始まるこの演奏会。
地元とあってリラックスモードの下野さんですが
「演奏会で司会を、あ、いや指揮をさせていただく下野です」
とまず笑いをしっかり誘ってから、今日の演目について説明。
「フィガロの結婚」序曲については
「フィガロが結婚する話です」で終わりだったけどね(爆)

そして演奏会スタート。
オケは板付きではなく、プレトークが終わってからぞろぞろと出てきます。
観客は温かい拍手で迎えます。


1曲目「フィガロの結婚」序曲。
あまりに有名な曲なので特に説明も要りませんが(笑)、
いつもの下野さんらしくキレキレな演奏でした。
ただ、弦楽器に関して、講師陣はがっつり弾けていましたが
オケメンバーの中にいる音楽祭受講生の中に
若干テンポがしっかり刻めずに流れていた人がいたような・・・。
あ、でも気のせいかもねww


2曲目 ベートーヴェン・交響曲第2番。(抜粋)
(この動画でコンマスしてるのは樫本さんです!)
2番ってほとんど興味を持って聴いたことがなくて
演奏会の前にCD聴いて予習しましたが、
モーツァルトの晩年の作品の香りも少しするような感じがしました。
「魔笛」のオーケストレーションっぽいな~、とか。
明るい曲ですよ。
2楽章で、一瞬音楽が崩れかけましたが(わかる人にはわかったはず)、
すぐに持ち直して、3楽章、4楽章はキレキレの演奏でした。
2楽章は、お客さんも集中力がない感じだったもんな~。
出来から言うと、今までのベートーヴェンチクルスの中で
一番不出来だったかも、です。
(7番・5番の出来があまりに良すぎたというのもあるけどさ!)
今回は練習時間があまり取れなかったのかもね。


3曲目 ブラームス・ダブルコンチェルト。(これは3楽章)
いやぁ~、今回はこれがツボでした!
正直、ブラームスってブラ1とハンガリー舞曲とVn協奏曲と
あとは歌曲を少々聴くくらいで、
あまり好きな作曲家ではないのですよ。
音が多過ぎて(分厚過ぎて)聴いてて疲れちゃうのです。
で、この二重協奏曲もたいして期待せずに、
そして予習もせずに聴いたんですけどね。

なんなのー! 超カッコイイじゃないですか!!(特に3楽章)
曲の解説にも書いてあったけれど
室内楽とオケを両方楽しめる感じで素敵な曲!
で、樫本さん、とにかく素晴らしかった♪
90年代にコンクールの1位を総なめにして
ロン=ティボーでも1位を獲った時に
TVで演奏を聴いて凄いと思ったのでデビューアルバム買って聴いてた。
あの樫本さんが目の前で弾いてる~ ぞわぞわ~(←鳥肌)

樫本さんはチェロ界の大御所・堤さんとのアンサンブルも
とっても繊細に気を配って素晴らしいハーモニーを奏でていたし
堤さんは老練な技で魅了したし
下野さんもこの難曲をしっかり支えていました。
とにかくオケの気合も先の2曲とはまるっきり違いましたよ(爆)
これはリハの段階でこだわって緻密に作り上げたんだろうな、
と思わせる演奏でした。

そして観客も素晴らしかった。
のめり込んじゃってましたからね。
演奏が終わると嵐のような拍手とBravo!の声が。
いや~~~~~~~ 鹿児島でこんなに素晴らしい演奏が聴けるとは!


で、やんややんやの鳴りやまない拍手の中、
アンコールの演奏が。

・・・と思ったら、
オケ全員で「Happy Birthday」の曲を演奏し始めました。
お客さん、拍手!(笑)
実は、堤さんのお誕生日だったようで会場全体でお祝いしました。
花束を持ってきた女性に、欧米風に頬にキスして応えた堤さんでした。


そして改めてアンコールの曲が。
アンコールはバッハ「G線上のアリア」でした。
プレトークの際、下野さんは今年1月の霧島・新燃岳噴火、
そして3月の東日本大震災について触れ、
さらには、霧島国際音楽祭にゆかりの深かった演奏家が
亡くなったことも話されていたので、
被災地や故人への祈りの気持ちを込めた選曲だったのでしょう。
淡々としたリズムの中で静かな祈りが奏でられました。

一瞬の静寂の後、温かい拍手がいつまでもいつまでも続きました。


いい演奏会だったな・・・。



さて、公演前にロビーで樫本さんのCDを購入した私とたーち。
演奏会後には、恒例になったサイン会(CD購入者対象)があります。
列に並んでいたら、地元TV局のカメラがやってきて
私より数人前に並んでいた母子にインタビューしていました。
私はCDのどこにサインしてもらおうかな~なんて考えていたんですが
いきなり背後から
「地元放送局ですが演奏会の感想などお願いできますか」
と言われてびっくり。
母子の次にターゲットになったのは私だったみたいです(^^;)
たーちと一緒に並んでいたのですが、
地元局ならたーちも一緒に面が割れてしまうので(爆)、
適当にスルーさせてもらいました(^^;)
(いや、別に面が割れてまずいことしてるわけじゃないけどさ~。汗)
取材に来ていたMBCの方々、すみませんでした~。

そして・・・じゃーん!

サイン!
パンフレットには堤さん・下野さん・樫本さんのサインを、
そして樫本さんのCDには樫本さんのサインを
ばっちり頂いてきました♪♪
きゃ~~♪♪♪(完全なるミーハー)

下野さんのところでサインを貰う時に
下野さんに「おぅ!お久しぶり~」と言われて
あれこれ話したかったけれど後ろも混んでるし、
とりあえず持参した、私のカメラで以前に撮ったスナップ写真
(下野さんと大学時代の仲間や恩師が写ってる)を渡して
センパイこれからも頑張ってくださいね~、と声を掛けて
その場を離れました。ばいば~い。
下野さん、私はこれからもこっそり(!?)応援し続けますよーー!



帰宅してここちゃんの様子を見てみると、
どうやら嘔吐はなかった模様。
しかも、ごはんをあげたらお昼より明らかに食欲が戻ってきた感じでした。
異物を飲みこんでいるといけないので明日の朝食を抜いて
とりあえず病院でレントゲンを撮ってもらいますが
少しは回復傾向にあると思っていいのかな~。頑張れここちゃん!!
[ 音楽&DVD&映画 ] CM0. . TOP ▲

 やはりストレスの模様。

昨朝以降嘔吐がなくて喜んでいましたが
今朝はレントゲン撮影が出来るよう朝ごはんを抜いたここちゃん、
6:30ごろ吐いてしまいました。
ま、でも検査までの辛抱・・・ということで
朝一番に病院へ行ってきました。

通院なう。
↑通院なう。のここちゃん。
日が当って暑いのでハンドル用の日よけを使って
ここちゃんの日よけ中(笑)

次、ここあさん!
もちろんキャリーに入れて連れて行くのですが
キャリーに入れたままだと条件反射でおしっこやうん○をしてしまいます。
今は膀胱炎の治療中で
膀胱におしっこが溜まっている状態で診察してもらいたいので
待ち時間はお膝抱っこです(笑)

レントゲンを撮ってもらいましたが、胃にも腸にも異物は映っていません。
おそらく毛球だろう、というモワ~とした影はありますが問題なし。
触診でも特に悪いところはなし。

やはりこうなってくると、先生もストレスを疑うしかないそうで。

家族の数が増えたり減ったりすることは
予想以上にストレスを引き起こすらしいです。
(増えてストレスなのは我が家でも実証済みだけど・・・汗)
今回のように減った場合は簡単に増やすわけにもいかないわけで(爆)

時が流れるのを待つしかないでしょうね。

ただ、重度のストレス状態に陥って
脱毛などの深刻な症状が出てきた場合は
精神安定剤のようなお薬を処方することもあるそうです。

ここちゃんの場合は、食欲が戻ってきたし
そこまで深刻な状態ではないので
今飲んでいる抗生剤を飲み終わるまで胃薬を併用する程度で
おそらく徐々に良くなっていくのではないかと思います。

ちょびも嘔吐で苦しんだので、
どうしても嘔吐となると私たちもドキッとしたりするわけですが
飼い主も神経質にならず、気にせずにゆる~りと生活するのがいいのよね。
というわけで、右から左に受け流しながら(古っ)生活しようと思います。


ぐぅ。
この子にもストレスはあるのだろうか・・・
いや、あるに違いない(爆)
[ 病気&通院&薬&フード ] CM0. . TOP ▲

 我が家の魔除け?(笑)

!?
↑我が家のシーサーです(嘘)

ここちゃんは布類を何でも齧ってしまうウールサッキング癖があるので
家の中を完全フリーにするわけにはいかないのですが
それでも、齧られそうなものがある部屋のドアを閉めて
玄関や廊下・階段で自由行動をすることはしょっちゅうありますよ。

じーっ
ただ、このシーサー、黙って魔除けの業務を遂行すればいいのに
じろじろと人族を観察します(爆)

じろ~っ
吹き抜けで人族を観察するのって面白いの?

市原悦子?
「シーサーは見た!」(家政婦は見た、じゃないんだからww)

今日のここちゃん、食事の回数を2回に戻したら
胃液も戻ってきてしまいました(-ノ-)/Ωチーン
やっぱりしばらくは食事回数を3回にして様子を見ることにします。
食欲は復活しているのであまり心配はなさそうです。


フェットチーネのブロッコリーソース
↑人族の晩ごはん。
この前ディチェコのパスタを大量まとめ買いした時に
No.310(ほうれん草のフェットチーネ)を買ったので
ブロッコリーソース(鶏ささみ入り)のパスタを作ってみました。
スープは最近気に入って何度も作っているガスパチョです。
(トマト缶・きゅうり・玉ねぎ・セロリ・パプリカ・にんにく・
バゲット・コンソメ顆粒・クレイジーソルト・オリーブオイル。分量適当ですw)

ガスパチョは火を使わないのでエコなメニューですよね。
作ってる方も暑くならずに済むし♪
本当は生のトマトで作りたいけど、トマトの値段、高すぎる・・・。
[ 猫の話&猫写真 ] CM2. . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。