名前の頭文字がCで始まる4匹の愛しい犬猫たち&人間たちの華麗(加齢)なる日常。


※写真はクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

 癒されたい時もあるよね

おはよう
ちょび、おはよう~。
パパと一緒に寝袋でお昼寝できて嬉しかった?(爆)

普段は犬猫たちが幸せに暮らせるように、と
出来るだけ気を配っている私ですが、
たまには私も癒されたい時があって。


私の心の修復工事(笑)をするには、たいてい音楽を聴きます。
おそらく人生で初めて好きになった曲は、モーツァルトの
「アイネ・クライネ・ナハトムジーク(Eine kleine Nachtmusik)」
(の1楽章ではなく4楽章)、
初めて感動した曲はコレッリの「ラ・フォリア(La Follia)」、
初めて自分で選んで買ったレコードはショパンのピアノ協奏曲。
だから、たぶん私はクラシック音楽が好きなのだと思います(笑)

癒されたい時に聴く音楽は声楽曲ではなく器楽曲が多いのですが
そんな中で、
先日日記に動画をちょろりとUPした
カウンターテノールのジャルスキー
の歌声と
メゾソプラノの波多野睦美さんの歌声は特別なんですよ。
この2人の声は本当に癒されます。

波多野さんは、ノンビブラートの声なので
私の好きなルネッサンスの世俗音楽やバロック音楽にぴったり。
まじ好きだな~この声。
そして外国の歌だけでなく
日本歌曲や日本語の歌を彼女が歌うと、本当に素敵なんです♪


武満徹:小さな空

なんだろうな~、
聴いた後に「また頑張ろう」と思える歌声だよな~。

オペラ歌手なんかが日本語の歌を歌うと大抵興ざめしますからね。
オペラにも出ていないのにオペラ歌手だといわれているらしい
単なるコンサート歌手で「♪私の~お墓の~ま~えで~」と
喉をひっ詰めて歌う人(爆)や、
声ばっかり張り上げて大声大会のように歌う人たちは
本当はうまくも何ともないんですよ。
メディアが取り上げるとすぐに食いついて
洗脳される日本人・・・もっといいものを見極めましょうよ~(笑)
(と書いていて、犬のしつけについても同じ現象が起こるなぁ、とふと思った・・・爆)


プーランク:愛の小径


ひとときの音楽 バロックの美しい歌

ひとときの音楽 バロックの美しい歌

価格:3,000円(税込、送料別)


↑今日聴いたCDはこちら。癒されました☆



◆ リンク用URL ◆
http://chacachoco.blog119.fc2.com/blog-date-20100816.html
関連記事
[ 音楽&DVD&映画 ] CM0. . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。