名前の頭文字がCで始まる4匹の愛しい犬猫たち&人間たちの華麗(加齢)なる日常。


※写真はクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

 にゃんこ尊重はムズカシイ

チャコかりんに時間をかけて食べてもらおうと
ちょっと大きめサイズのおやつをあげました。

かりんさんはおやつまっしぐら!なのでいいのですが、
チャコさんはおやつを咥えて持っていったら
そこでポトリと口から離してかりんさんが食べるのを見ています。
それから自分の分にかじりつく、という感じ。

今日はチャコさんがポトリと落としたところに
ちょうどちょびくんがいました(不運)
当たり前のことながら、食い意地のはったちょびくんは
チャコさんのおやつをガブリと口に咥えてしまいました。


ここでわんこなら、何かと交換すれば口から出してくれるわけですが
にゃんこはそういうわけにもいきません。
ちょびなんか「絶対、口から出さないニャりよ!」って
喉の奥でうぅ~~~って唸りながら口を絶対に開けないんです(^^;)

でもなんとかチャコのおやつを救出しようと
(別に食べても構わない物ですが、
グルテンアレルギーのちょびだとお腹を壊す恐れがあったので・・・)
優しい言葉をかけながらちょびのお口を上手にこじ開けて(爆)、
ちょっと無理やりではありますがおやつ救出に成功!

・・・と思ったのもつかの間、

おやつを取り出して口が閉まるまでの間に逃げ遅れた
私の左手人差し指の先っちょが犠牲になりました(T-T)
深い傷ではありませんが、穴が2ヶ所開いちゃいました。

とりあえず急いでちょび用のおやつを出して、
犬たちのおやつに逆戻りしないように引き付けておきました。


私は、血を出しながら流水で綺麗に洗った後
ひとり寂しく消毒作業(笑)
最後にカットバンを貼って出来上がり。
まだちょっと血が滲んでいましたが、
この程度なら酷いことにはならないでしょう。

犬も猫も、酷く噛まれたり引っかかれたりして
腫れた場合は、早めに病院に行った方が良いらしいです。
(私はそこまで酷く噛まれたことがまだ無いのでわかりませんが。汗)
猫ひっかき病」という名前の病気まであります。
噛まれたり引っかかれたりした時には、騒がずに
しっかり流水で洗った後、きちんと消毒をしましょう。
(「コラー!」とか言ってわんにゃんの頭を叩いたりしないでね!!)

ちょび
「かーちゃんがボクのお口からオイシイを奪うからニャりよ!
【じごうじとく】ニャり」

むー、そう言われても、
オイシイと交換して♪ってお願いしても
絶対口開けないじゃん、キミ・・・。



◆ リンク用URL ◆
http://chacachoco.blog119.fc2.com/blog-date-20100901.html
関連記事
[ 猫の話&猫写真 ] CM0. . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。