名前の頭文字がCで始まる4匹の愛しい犬猫たち&人間たちの華麗(加齢)なる日常。


※写真はクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

 撮るニャら撮ってみニャ!

10がつ6にち。

今日はボクにとって一年に一回あるかないかの
ストレス度95%の日。
3種混合ワクチンというのをチクンする日ニャ。

夕方まで気持ちよくお昼寝していたら、
とーちゃんがおもむろにボクを抱っこして玄関へ。
玄関には・・・あの箱がある!
箱に入るのは別に嫌いじゃないんだけど、
これに入って家から出るということは
あの場所に行く、ってことじゃないのかーーー!?

危険察知!
車の中で危険を察知した、ちゃこぽん家在住のちょび男さん(7歳)。

検温
マイクロチップを入れてからは、
お尻に体温計を突っ込まれなくなったから
難関がひとつ減りました(少しは喜ばしいことだと思う)

聴診
聴診ではボクの心臓から心雑音がほんの少し聴こえたそうですが
以前から時々心雑音が聴こえることはあるし、
雑音が大きくなってきているわけではないので
急いで何かをしなければならないということではないんだって。
(猫の場合は心雑音=病気というわけではないと今までは言われてきましたが、
最近は猫でも心雑音があれば心臓の病気を疑う傾向にあるようですね)


耳の検査
お耳の中もとても綺麗だと言われました。
ただ、体重が4.45kgになって少し太っていたのと、
歯茎に付いた歯石がバッチイ状態になってきているので
一度綺麗にした方がいいですね、って言われちゃった・・・。

ストレスの表現方法(模範例)
ボクは診察台の上ではストレス満載の状態ですが、
良い子にしておいて診察室を出ればハハがおやつをくれるのです。

そして本日は、ボクのワクチン接種の模様も
特別に動画にて大公開です。
ハハが動画に撮りたいと言うので
「撮るニャら撮ってみニャ!」とボクはハハに言ってやったんです。

世の中にはここちゃんみたいに病院で凶暴になるニャンコさんが
あまたいる(そういう方々はたいてい洗濯ネットに入って来院します)
らしいのですが、ボクがいかにおりこうさんなニャンコなのか
皆さんよーく見てくださいよっ!!


↑ボクの(まるでお見本のような)勇気あるワクチン接種!
首の後ろにチクンとするのがわかっているので
一瞬逃げ腰になったけれど、先生はボクにおべんちゃらを使わずに
ささっと手早く済ませてしまうのです・・・。
でも手早いおかげでチクンのダメージは小さくて済むニャ。

話を聞いたところによると、痛がるにゃんこさんはいっぱいいて
そういう時は病院の可愛いオネエサンが優しく保定してくれるらしい。
ボクは保定しなくてもおりこうさんだから偉いと言われます。
でも、オネエサンに保定してもらえないので
なんとなく損した気分でもあります・・・ちぇっ


この後ボクは、とーちゃんと一緒に車に戻って
二人でラブラブしながら
一緒に行ったかりん姉ちゃんの検査が済むのを待ちました。

かりん姉ちゃんは・・・

ブルーなかりんさん
聴診をした後、エコー検査をしました。
胸にジェルを塗り塗りしたそうです。

エコー
↑エコーの結果は・・・FSの値が急激に落ちていてビックリ!
姉ちゃんもついに利尿剤を使うのか!?と思いましたが、
先生によれば・・・

カラードップラー
↑このカラードップラーを見る限り
激しく血液が乱流しているのでまだ大丈夫(?)とのこと。
ボクにはさっぱりわからないけどね!

(血液の乱流は良くないことですが、FSの値が落ちてきて
乱流がなくなってくると、肺水腫の危険が出てくるので利尿剤を使います。
今はまだ乱流があるので、
良い状態ではないけど利尿剤を使うほどではない、ということです。
カラーの画像でいろんな色が混ざり合っているところが乱流が起きている場所です)


やれやれ。
検査が終わって、やっと帰れることになったニャ。
かりん姉ちゃんはフニャフニャと文句を言っていたけれど
ボクは帰りも良い子にしていました☆

イケてるボク。
↑基本的にボクは車の中ではいい子に出来るニャ。


ハハが「ちょびのごはん、少しだけ減らそうかな」と言っていました。
そういえば、家に帰って食べた晩ごはんは
なんとなく少ないような気がしたけど・・・
まさかホントに減らしたのーーーー!?(涙)


※ボクの語りはすべてハハの創作です。あしからず。



◆ リンク用URL ◆
http://chacachoco.blog119.fc2.com/blog-date-20101006.html
関連記事
[ 病気&通院&薬&フード ] CM2. . TOP ▲
COMMENT


ちょびくんよ・・ 君はやっぱり猫じゃなくて犬だたtんだね(笑)
うちのワクチン風景のようですもん。

かりんさんの心臓のほうも管理が難しいけど 頑張ってるね。たしかに利尿剤を使うようになると それなり大変になるけど ポメラニアンのパムのときにも使っていました。肺水腫はつらいものね。
2010/10/07 11:13  | URL | 葉美瑠 #HfMzn2gY [edit]
♡葉美瑠

ワンのワクチン風景とあんまり変わらない光景に
私も笑いが止まらなくなっちゃったの(^^;)
ちょびって、診察台に乗せたら、飛び降りたりせずに
動かないで待っててくれることが多いんだよ( ̄w ̄)ぷ

かりんさんは小さい時から
検査結果で「危ないかも!?」ということが何度もあったけど
「まあそれなりにいい状態ではないけどある程度の状態は保ってます」
という感じでついに11歳まで元気に来ちゃったしねぇ(笑)
出来るだけ利尿剤を使用する時期が遅くなるように頑張ってみます。
2010/10/07 22:38  | URL | ちゃこぽん #hIs5x0pk [edit]
コメントする














秘密にする?

    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。