名前の頭文字がCで始まる4匹の愛しい犬猫たち&人間たちの華麗(加齢)なる日常。


※写真はクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

 お星さま

突然のお知らせで申し訳ありません。


4/12 15:40

地上勤務を終えて、チャコさんがお空へ帰ってゆきました。



14歳と28日でした。

楽しい犬生を駆け抜けて、走って行っちゃいました。





不思議と私は冷静です。

たーちの方が号泣だったけど、たーちも今は冷静です。


だって、いつでもやれる限りの精一杯をやってきたし

幸せわんこになったチャコさんはいつでも楽しそうだったから。



病院に駆け付けた時には息を引き取った後でしたが

最期のお顔もなんだか楽しそうで

ママ帰るよ♪と言っているようだったから。



でもね、出来ればちゃんと待ってて欲しかったな。

チャコさんってば、かりんさんを産んだ時も私が居ない時で

あと数分待っててくれればお産に間に合ったのに

あとちょっと、が待てなくて

ひとりぼっちで頑張って産んじゃいました。

その時も、15:40ごろだったね。



今日も15:40。

容体が急変して病院から電話を貰ったのが15:28。

私が超特急で病院に到着したのが15:48。

あとちょっとだったけど、病院が遠かった・・・。

チャコさんったら、またひとりで慌てて行っちゃいました。

今日は夕方、たーちと一緒に面会の予定だったのにな。



撫でてあげたらまだ温かくてうれしかったです。

病院のスタッフさんが全員泣いちゃってて、

私は号泣するタイミングを逃しちゃいました(汗)



9日まで元気にお散歩に行っていたし

10日に入院する時も、見た目はとっても元気だったので

私たちの頭の中のチャコさんは

最後までずーっとにこにこチャコさんのまんまです。

今だって、病院で入れてもらった小さなお棺の中で

優しいお顔をして、今にも動き出しそうにしています。



今日はみんなでリビングで寝ます♪

4Cでの最後の夜です。

明日の午後、私とたーちとかりんさんで

チャコさんのお見送りをしてきますね。





チャコさん、楽しかったね。

いつまでもいつまでも大好きだよ♪
chaco

 
 
--------------------

この日のチャコさん日記(2010/05 追記)


突然のお別れ


予期していなかったお別れは突然やってきました。

今日はたーちと一緒に夕方5~6時ごろ病院を訪れて
チャコと面会する予定だったのですが
午後3時半前、病院から電話が。

院長先生が
「チャコちゃんが呼吸停止を起こしてしまって・・・」
とおっしゃったのです。
私は頭を整理しながらすぐに
「すぐに伺った方がいいということですね」
と答えました。
「お願いします」と先生がおっしゃったので
そのまま猛ダッシュで携帯とバッグを掴んで
たーちに電話をしながら家を出ました。
(たーちの方が病院から近い場所に職場があるのですが
ちょうど授業が始まるところだったので
病院へ走ることは出来ませんでした)

病院までは片道6km以上。
道がどんなに空いていて信号に引っかからなくても
狭い道で抜け道があまりないので車で15分ほどかかります。
チャコ、まだだよ、まだ逝ったら駄目だよ、とつぶやきながら
車を頑張ってぶっ飛ばしたのですが
中にはのろのろ運転の車もいて・・・。

精一杯頑張ったけれど病院に着いたのは20分後、
チャコさんが逝ってしまってからわずか8分後でした。
(たーちが授業のない時で、
原チャリで飛ばして向かうことが出来ていれば
もしかしたら間に合ったかもしれません)

病院に駆け込んだ時、なんだか夢を見ているみたいに感じました。
病院のスタッフさんが全員泣いていらっしゃいます。
チャコは処置室に横たわっていて、
まだ気管挿入の管がついたままでした。
(おそらく私が到着するまで先生方が頑張ってくださったのでしょう)

「チャコさん、来たよ~。いっぱい頑張ったんだね」
と言って頭を撫でました。
まだ生きているみたいに温かかった。
くりくりの可愛いお目目も可愛く開いていて、
「ママ、待ってたよ~♪ おうち帰ろう♪」って言っているみたい。
「(犬生)楽しかったよね~」と私が言うと「うん」って言ってるみたい。
勤務医のS先生も「さっきまで本当に頑張ってたんですよ」と
涙をぽろぽろこぼして言葉を詰まらせながら話してくださって
泣いている動物看護士さんたちと一緒にチャコさんを綺麗に拭いて
ダンボール製の可愛いお棺に入れてくださいました。


院長先生(主治医)が、昨日から今日までの様子と、
容体が急変してからの様子を話してくださいました。

チャコさんの手術自体は大変うまくいったようです。
ただ、高齢のチャコさんは、
先生や私の予想を超えて、肝臓が弱ってしまっていました。
なかなか体温が上がらず、
しかも弱った肝臓では、麻酔を分解する余力がなく、
しっかり麻酔から醒めるところまで体力が持たなかったというのが
亡くなった直接の原因です。
それでもチャコさんは、昨夜一度首を持ち上げる仕草をしたそうです。
先生もそれを見て、回復傾向にあると感じていただけに
そこからなかなか回復しきれなかったことが
とても残念だとおっしゃっていました。


チャコさんの病気は、胆泥症や胆石症もありますが
最終的な診断は「胆嚢粘液嚢腫」。
http://www.p-well.com/health/clinic/dog/dog-tanseki.html
胆嚢の中にゼリーのような膿のような粘液が出来る病気です。
食欲不振・嘔吐の症状が出てくるということは、
それらが総胆管が詰まってきてしまった証拠。
チャコの場合↑ここで完全に詰まってしまう前に気付いたので
(おなかをぐっと押さえればその箇所に痛みはあったようですが)
激痛を伴う胆管閉塞や胆嚢の破裂や黄疸を起こす前に
適切に処置をすることが出来ました。

また、胆泥や胆石自体は珍しくなく、
長く胆泥や胆石を胆嚢に持ったまま過ごす子も多いそうですが
たいていの場合は無症状なのだそうです。
いずれにせよ総胆管が詰まってしまうのがマズいわけです。


私は、前々から、うちの子たちに何かがあった時には
尊厳死を選択することを考えていました。
じゃあ、今回はチャコさんのおなかを切る前に
なぜ尊厳死を選択しなかったのか?
答えは簡単。
信頼する主治医から尊厳死の話が出なかったからです。
私はいつも先生と尊厳死の話をしてきていました。
なので、もう助からない病気だと先生が判断されれば
おそらく私に選択肢のひとつとして尊厳死を提案されたでしょう。
逆に言えば、尊厳死の提案がなかったということは
チャコさんが助かる可能性に賭けた、ではなく
助かって元気になることを大前提として考えていた、ということです。

そしてもう1つ。
チャコさんの症状は、手術をすれば8~9割方回復出来るもので、
しかも胆嚢破裂などの重篤な状態に陥る前に気付いてあげられたので
手術がうまくいき麻酔から目覚めれば予後は良いはず、
と判断したからです。
生還出来なかったのは、私だけでなく、
常にチャコさんの健康に気を配ってくださっていた主治医でさえ
予期しなかったほどの肝臓のダメージによるものでした。
(おなかを開いて直接肝臓を見た時に
想像以上のダメージを受けているのを見て驚いたそうです。
私も手術中の写真を見せていただきました。)

実際には手術に耐えうると私も主治医も判断し、手術したわけですが
状態があまり思わしくないまま時間が経っていたわけですから
夕方私たちが来るまでに急変がなくても
もしかしたら先生は私たちが面会に来た時点で状況を説明して
尊厳死の提案をされる予定だったかもしれません。
そしてその提案を私たちは受け入れる覚悟も出来ていました。

だから、私はこの結果をこのまま素直に受け入れられます。


結果的にいえば、
チャコさんは、おなか(胆嚢のあたり)をぐっと押されでもしない限り
ほとんど痛くない状態でした。
ごはんも、常に「食べたいよ~」という気持ちを持っていました。
(私は尊厳死を選択する基準に、
「ごはんを食べたい気持ちを持っているか」ということを
ひとつの目安として考えています。
「ごはんを食べたい」=「生への意欲」だと思うからです。
チャコさんは病院でもごはんを美味しそうにガツガツ食べていたのだそうです。
結局後で全部戻してしまったけれど・・・。)
痛くないうちに病気がわかって
痛くないうちにお薬を使った治療も出来て
痛くないうちに麻酔をかけてもらって
あとは眠ったまま逝ってしまったわけで、
最期まで苦しまずに済んだわけです。
これで良かったのだと思います。


チャコさんを連れて帰る時、私が頭の中で何を考えていたのか
さっぱり思い出せません。
ずっとチャコさんに話しかけていたと思います。
家に上がる外階段を、
チャコさんの入った棺を抱えて上がる時に、
はじめてぐったりと疲労感・虚脱感が私を襲いました。


でも、覚悟していたとはいえ、今でもまだ夢のようです。
お棺の中のチャコさんは、と~っても優しいお顔で横たわっています。
「チャコさ~ん♪」と呼べば
「ん?」って今にもまた起き上がってきそうですよ。

幸せわんこ・チャコさん
「ふふ~ん♪」
幸せわんこにふさわしい、優しい優しい寝顔だね♪

関連記事

[ 犬の話&犬写真 ] CM20. . TOP ▲
COMMENT


チャコさん、地上勤務ご苦労様でした
お空から世界中のワンズがチャコさんのように
チョー幸せワンコになれるよう見守っていて
くださいね
ありがとう チャコさん
2011/04/13 00:42  | URL | トップ #- [edit]


あまりに突然の知らせで、呆然としています・・・

チャコさん、笑顔で地上勤務、ありがとう。
笑顔のヒケツはやっぱり、幸せであること、だよね。
にこにこチャコさん、ありがとう。本当にありがとう。

2011/04/13 01:58  | URL | oira #- [edit]


チャコチャン、神様の晩さん会にご招待されたんですね。
地上勤務ご苦労さまでした。
チャコちゃんの笑顔かわいいねぇ~。
素敵な犬生を過ごしてよかったねぇ~。
これからは世界中のわんこをお空の上から見守っていてね。
チャコチャン、ままさんぱぱさんのもとで幸せな毎日を過ごしたね。
たくさんのありがとう~!!を贈ります。
2011/04/13 06:31  | URL | もか王 #- [edit]


ごめん。
今、言葉が思いつかない。

また、落ち着いたら、メールします。

チャコさん。
ありがとう。
おやすみ。
2011/04/13 07:49  | URL | 蜜柑 #vIXFS59k [edit]


チャコさん
びっくりしたよ。
私の気持ち、ブログに書いたよ。
お星さまになって見守ってね。
ありがとう。
2011/04/13 10:52  | URL | ライ麦 #2j50GQ9. [edit]


タイトルを見て開けるのを躊躇してしまいました。
でも、チャコさんは笑顔で勤務終了したんですね。

ワンコらしく毎日楽しく幸せに過ごす、という
簡単そうに見えてなかなか大変なお仕事、
パパとママのたくさんの愛で全うできましたね。
お疲れ様でした。ゆっくり休んで下さいね。

逢ったことはないけれど、私もたくさんのニコニコを
チャコさんからもらったよ。ありがとう。

また逢おうね…。
2011/04/13 10:57  | URL | Gabbie #.kYrKEN. [edit]
どうぞ安らかに

チャコさん、ご家族に幸せをいっぱい持ってきて
「アタシ・・満足!」って空へ帰っちゃんたんですね。
ハルより一つ年上のお姉さんだけれど、あんなに小さい身体で立派に子育てして。。。
これからは雲の上から見守ってくれることでしょう。

ありがとう~チャコさん<(_ _)>
可愛い笑顔を忘れませんよ~。
2011/04/13 16:09  | URL | harunana #- [edit]
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/04/13 22:09  | | # [edit]
忘れない!

チャコさん、
お疲れ様でした。。。

アンより4カ月お姉さんのチャコさん。

あれからどの位経つんだろう。
パパ、ママ、かりんさんと一緒に
顔を見せてくれたね。

・・・、やっぱり胸が痛いよ。
・・・、やっぱり涙が流れるよ。

ありがとう、チャコさん
ありがとう、チャコさん
絶対、忘れない!!
2011/04/14 01:43  | URL | YUNI #- [edit]


チャコちゃん、楽しい14年をママに送ってくれてありがとう。ちゃこちゃんの笑顔はそのままお星様のきらきらの瞬きになったんだね。
2011/04/14 16:35  | URL | プラハ汁 #- [edit]
♡トップさん

地上勤務は終わったけれど、
チャコはきっと、パパとママに生前の写真で元気を注入しつつ
幸せわんこが増えていくのを見届けてくれると思います☆
チャコさんからダメ出しされないように私たちも頑張りま~す(^-^)
そしてますますチャコみたいな笑顔を見せてくれる幸せわんこが
増えてくれるといいですよね♪

「私はチョー幸せワンコだったかな?
そんな風に言われるとちょっと恥ずかしいけど
他の子たちと比べる必要もないから
とりあえずチョー幸せ!ってことにしておきまーす♪
トップさんありがとう☆」―チャコより。
2011/04/15 16:57  | URL | ちゃこぽん #hIs5x0pk [edit]
♡oiraさん

急に入院することになってしまって、
今回は深刻&回復に時間が掛かりそうだな、ということで
手術が成功して回復しはじめたらブログでお知らせするつもりでした。
だからこんな結果になるなんて、だ~れも予想していなかったです。

チャコは特に今年に入ってから、
モナリザの微笑みのような悠然とした微笑みをたたえていることが多くて
それを見てププッと笑ってしまうことも多かったんですよ。
ちなみにこの溢れる笑顔写真(笑)は
ちょうど1年前の13歳のお誕生日に撮ったもの。
老犬でもいつも生き生きとしていてくれて本当に嬉しかったです(^-^)
oiraさん、ありがとうございました☆
2011/04/15 17:05  | URL | ちゃこぽん #hIs5x0pk [edit]
♡もか王さん

「神様の晩さん会」・・・いい響き!
うちはとりあえず無宗教ですけど、
なんだかチャコが喜んで走って行きそうな会ですよ(^-^)

チャコは私が初めて暮らしたわんこ(というかペット)第1号なんです。
実家では猫を飼っていたけれど、結局主に母が世話をしていたから・・・。
それだけにチャコに対する思い入れが強くて、
チャコがいなくなったらどうしよう~って思っていましたけど
生きているうちに精一杯のことをしてあげていたら
亡くなった時も路頭に迷わないんだな(笑)ってわかりました。
チャコは私の先生でしたよ☆ だから私からもありがとう、です(^-^)
もか王さんちのみんなも幸せに長生きしてね☆ありがとうございました!
2011/04/15 17:14  | URL | ちゃこぽん #hIs5x0pk [edit]
♡蜜柑さん

ブログ記事もメールも嬉しかったです♪

私もチャコさんはなんとなく不死身だと思ってた(笑)
悲しみに沈む(溺れる?笑)ことも出来るだろうけど
やっぱりチャコさんには笑顔が似合うよね。
斎場で火葬してもらっている時にも、たーちと話しながら
チャコの面白い話を思い出して思わず大きな声で二人で笑ってしまって
はっ・・・と気付いて「し~っ、静かに」なんて言っていたのだけど
きっとそんな姿を見てチャコも安心してくれたんじゃないかと思います。
人もそうだけれど、亡くなった後に大事にされるより、
生きている間を精一杯生きてもらうのが、わんこにとっての幸せだよね。
蜜柑さん、ありがとう☆
2011/04/15 17:25  | URL | ちゃこぽん #hIs5x0pk [edit]
♡ライ麦さん

空くんと同じようにチャコも14歳を謳歌するものだと
心のどこかで思ってました☆
せっかちさんなので、早めにお空へ走って行っちゃいましたが
これからも私の心の中のチャコさんが
きっと私を叱咤激励してくれることと思います(^-^)
「心から好きだよ、チャコ。抱きしめたい」って
シチュエーション違いなのに、
何度聴いてもあれは私たちからチャコへのメッセージに聞こえる!(笑)
私たちにとっても、そしてチャコにとっても想い出いっぱいの歌で
見送ってくれて嬉しかったです。
ライ麦さん、ありがとう☆
2011/04/15 17:31  | URL | ちゃこぽん #hIs5x0pk [edit]
♡Gabbieさん

チャコさん、最後まで毛もツヤツヤでお目目もお顔も優しくて
とっても美しかったです(^-^)
連れて帰って、翌日斎場へ行くまでの間、
何度も撫でて、何度も頬ずりしましたよ☆

> ワンコらしく毎日楽しく幸せに過ごす、という
> 簡単そうに見えてなかなか大変なお仕事、
↑本当にその通り。
簡単そうに見えるけど、わんこにとってはこれが結構大変なんですよねw
チャコさんは元々がとっても犬らしい犬で(笑)、
わんこ尊重を心がけて犬らしく生活するようになったら
本当にはじけるような笑顔を見せてくれるようになって・・・♪
だからホントに幸せな晩年だったな~と思えるのです(^-^)
これからもチャコさんの笑顔を記憶にとどめてくださると嬉しいです☆
Gabbieさんありがとう!
2011/04/15 19:28  | URL | ちゃこぽん #hIs5x0pk [edit]
♡harunanaさん

生きてる頃から足がとっても早かったですけど(笑)、
最後もこんなに早く走り去るとは思っていませんでした(^^;)

犬飼いの方々は、実際に2匹に会うと
顔が可愛いけど猫っぽい(笑)というかりんさんよりも
チャコさんの可愛さにメロメロになる方が多かったです。
チャコさんはやっぱり「これぞワンコ!」という子だったんですね。
私とたーちに、わんこと生活する素晴らしさを
たくさんたくさん教えてくれました(^-^)
これからは、忘れ形見(笑)のかりんさんと一緒に
チャコさんの想い出話をしながら楽しく過ごそうと思います。
ハルちゃん、チャコさんの分まで幸せに長生きしてね!任せたよ~!
harunanaさんありがとうございました!
2011/04/15 19:34  | URL | ちゃこぽん #hIs5x0pk [edit]
♡鍵コメTさん

いつもブログを読んでくださって本当にありがとうございます!
チャコさんの歴史は
私とたーちの歴史でもあり(結婚して1年経った頃にチャコが来ました)、
我が家の歴史でもあります(家を建てて半年でチャコが来ました)
だからちょっぴり寂しい気持ちもありますが、
今暮らしているこのおうちには想い出がいっぱいなのである意味贅沢です(笑)
これからも残された3Cを大事にしながら仲良く暮らしていきますね。
それをお空から見たチャコさんが「ほらね、私の家族ってイイでしょ?」って
自慢してくれることを想像するとちょっとわくわくします(^-^)
これからも3Cというか4Cをよろしくお願いします☆
ありがとうございました♪
2011/04/15 19:42  | URL | ちゃこぽん #hIs5x0pk [edit]
♡YUNI

あああ~~~~っ!(涙)
まさかYUNIが来てくれるとは!
あれからもう10年近く経つんだよ。
あの頃はUNちゃんもチャコさんも若かったね。
YUNI宅への旅行が、私たちがわんこ連れで行った最長距離の旅行だったなぁ。
大冒険だったけど、会えて本当に嬉しかったよね。

チャコさんは年を取ってからも、ずっと生き生きと楽しく暮らせたよ。
いつも明るく元気だったチャコさんのこと、忘れないでね!!
YUNI、ホントにありがとう☆
2011/04/15 19:52  | URL | ちゃこぽん #hIs5x0pk [edit]
♡プラハ汁さん

夜空で一生懸命瞬いている星がチャコさんなんじゃないかな~?って
勝手に思っているんですよ(笑)

チャコはいつでも一生懸命で、ちょっとせっかちで、
さらにはドジ子さんだったりもするので、
笑顔をたくさん運んでくれていました。
まだ若い頃に心臓病を持っていることがわかったので
14歳まで生きるなんて本当に出来すぎな犬生でしたよ。
チャコにとって一番大事な一粒種(かりんさん)が残っているので
いつかチャコさんにきちんと返してあげられるように、
しっかり預かろうと思います(^-^)
プラハ汁さん、ありがとう!
2011/04/15 19:59  | URL | ちゃこぽん #hIs5x0pk [edit]
コメントする














秘密にする?

    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。