名前の頭文字がCで始まる4匹の愛しい犬猫たち&人間たちの華麗(加齢)なる日常。


※写真はクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

 それぞれの胸の内

拍手コメでチャコさん逝去に関してコメントくださった方々、
本当にありがとうございました☆
皆さん鍵コメだったので、こちらにてお礼させていただきます<(_ _)>
感謝!

------------


お外は久しぶりの雨。
そういえばチャコさんが亡くなる前後は
とってもいいお天気が続いていました。
お空へ帰った日も快晴だったし♪
やっぱりチャコさんだわ(何? 笑)

さて、チャコさんが亡くなった後の猫たちの様子です。

まず、ちょびくん。

特に何も。
生前、チャコさんはちょびが自分のことをじーっと見るのが嫌いで
じーっと見られると向かって行っていました。
(わんこのカーミングシグナルならば当たり前ですよね。
ただ、にゃんこは争う気がなくてもじーっと見ることがあるので
向かってくるチャコさんにちょびはいつも「えっ(汗)」という感じでした)

その口うるさい(笑)チャコさんがお棺に入って帰宅した日。
ちょびは、お棺の中をチラリと見やり、すべてを察したようで
それからは一度もチャコさんを見に近づくことはありませんでした。
(くーちゃんのお見送りを体験していて、
亡くなったものの匂いがわかったのかもしれませんね)
そして、1時間くらい経った時、おもむろにキッチンへ歩いていき、
みんなから見えない死角から
「ぁお~~~~~ん」と、聞いたこともないような声で
4、5回長く鳴いたのです。
これはいったい何だったのか?(わかりません。爆)

そして、チャコがお骨になってからは、
ちょびは甘えん坊大将になりました(笑)
夕食後の数時間、チャコさんはパパのお膝を独占していました。
チャコさんがお膝を下りて、こたつに入る午後10時過ぎになると
ちょびはパパにスリスリしていたのですが、
実はこの夕食後の時間、ちょびは甘えたいのを我慢していたのです。
チャコさんがいなくなったのでその時間が大変早まりました(爆)
現在は・・・
「パパ~ こっちこっち~♪」
と、私から見えないようにキッチンへとたーちを誘い込み、
たーちに、スリスリ・ゴロニャン・チュッチュ♪攻撃を仕掛け
ラブラブモードに突入しております(^^;)
(ちょびは一応男の子です。念のためw)

そんなわけで、ダメージがあったのはチャコさんの姿がある間だけでした(^^;)


次。ここあさん。
この子は他の子の死に直面したことがありません。
(自分の兄弟猫は近くで亡くなったと思うのですが
物心がまだついていなかったからわからなかったかも・・・)

起きてー!
全くデリカシーも何もなく、ずけずけとお棺に足を踏み入れ(爆)、
「チャコ姉ちゃん、何やってんのー! 早く起きてーー!」
と、顔をペロリと舐めたら、
あとはチャコさんが起きてくるものと思い込んで、
箱の外から「うりゃーっ!とりゃーっ!」と
何度も猫パンチを繰り出してました(-_-;)

がぶっ。
それでも起きてこないチャコさんに腹を立てたのか?、
チャコさんの耳の飾り毛を咥えて引っ張ってました(滝汗)
さすがにやめさせましたけど(^^;)

ここちゃんは今でも1匹減ったことに気付いたんだかどうなんだか?
全く変わらない生活を営んでおります。
「家がちょっと広くなったかな~?」
くらいにしか感じていないかも(^^;)

この2匹を見ていてわかったこと。
それは、この2匹にとってチャコさんは
ただの近所の世話焼きおばさん(爆)で、
お姉ちゃん(またはお母さん)みたいな存在は
どちらかというとかりんさんだったということです(笑)


ところで、昨晩、かりんさんは新しい居場所を自分で開拓しました。

とりあえずの居場所。
ここちゃんが寝てるベッドに無理やり入り込んで
くっついて寝てましたww
かりんさんはチャコさんとくっついて寝ることが多かったので
くっついている感じや包まれている感じがあれば眠れるようです。
というわけで、たーちと一緒に
かりんさんがぴったりジャストサイズで収まるような
小さな小さなベッドをネットで探してポチ☆しておきました。
早く届け~!

本日、雨が降ったのでお散歩にも行けないかりんさん。
可哀想なので、おにぎりゲームをして遊びました。

おにぎりちょうだい♪
たったひとりのおにぎりゲーム。
邪魔されなくていいけれど、
なんだか競争相手がいなくてちょっと残念ね。
代わりにちょびが見守ってくれました(!?)


歯が4本しかないので(犬歯のみ)クリアするのは至難の業です(笑)

※この動画の音楽は、「ヘンゼルとグレーテル」というオペラの中に出てくるのですが
「いちばん苦しい時にこそ、神様は手を差し伸べてくださる」
というようなことを歌っているメロディだったと思います。
今のかりんさんにふさわしい曲かもね(笑)
関連記事
[ 犬&猫 ] CM2. . TOP ▲
COMMENT


何て言ったら…書いたら…迷いにまよって…
こんなに泣いちゃったのにちゃこぽんさんは冷静だったの
「やれる限りの精一杯をやってきた」からなんですね
お産もさよならも一人でチャッチャ!と…なんて手のかからない素晴らしい子だったのでしょう

チャコさん、地上勤務お疲れ様でした
ほんとに、ほんとにありがとうね

2011/04/16 23:21  | URL | kyonk #7OUwk7mk [edit]
♡kyonkさん

なんだか泣かせちゃったみたいでごめんなさ~い(汗)
いじめっこ・ちゃこぽんです(爆)

「あの時ああすればよかった」とか
「もっとこんな風にしておけば」とか
もちろんそれが全くなかったわけではないんですよ(^-^)
それを言ってチャコさんが帰ってくるならいくらでも言いますけど、
反省や後悔をしてもチャコさんはどうせ帰ってこないし(笑)、
第一私たちはいつでもチャコさんのことを考えて行動していたじゃない♪と思うと
なんだかメソメソするのも可笑しくなってきて・・・(爆)
もっと自分たちのチャコさんに対する想いに誇りを持っても良いと思ったんです。
だから気持ちはとっても晴れやかです☆
チャコさんが最後、私が着くまで待っていてくれたらなぁ、と
亡くなった当初は思いましたが、
これもチャコさんがきっと私たちに未練を残さないようにと思って
ちょっとだけ早めに出発しちゃったのかもね、なんて
今はたーちと話しています。
kyonkさん、優しいメッセージをありがとう!!
2011/04/17 10:12  | URL | ちゃこぽん #hIs5x0pk [edit]
コメントする














秘密にする?

    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。