名前の頭文字がCで始まる4匹の愛しい犬猫たち&人間たちの華麗(加齢)なる日常。


※写真はクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

 コントロールが難しい

朝、ちょびがごはんを半分残しました。
手であげると、残した分くらいの量をなんとか食べたので
様子を見ていたのですが、
食後3時間ほど経ってから全部戻しました orz

今日は午前中ちょっと動けなかったし
夕方かりんさんを病院に連れて行く予定にしていたので
その時にちょびも一緒に連れて行くことに。
嘔吐の際、薬まで吐いてしまったので、
薬だけでも再び飲ませた方が良いかお尋ねしたら
飲ませてください、とのことだったので
(消化出来るかわからなかったから)ピルクラッシャーで粉々にしてから
オブラートで包んで飲ませました。

ところが、さらにそれから1時間後。
そのオブラートで包んだお薬&飲んだ水&胃液を再び嘔吐。
(オブラートは溶けていましたがなんとなく形が残っていて
中に入れていた粉状のお薬も、つぶつぶが残っていました。
つまり全然吸収されてないってことですね)

もう一度先生にお伺いしたら「では飲ませなくていいですよ」と言われたので
夕方まではゆっくり寝てもらおうと、ゆっくり休ませました。


夕刻。かりんさんと一緒にちょびも通院。
かりんさんは足の痛み止めの注射だけだったのですぐに終了。
ちょびは・・・診察していただきましたが特に変わったところはなし。
抗生剤のお薬が効かなかった可能性があるので
錠剤をお休みして、注射で抗生物質を投与しました。

帰宅後・・・ちょび、やはりごはんを食べません。
午後7時ごろ、胃液を嘔吐。
そして明けて午前2時ごろ、下痢の混ざったうん○をしました。
抗生剤だけが原因でもなさそうです。
結局、朝ごはんは全部嘔吐し、晩ごはんは全く食べなかったので
ちょびは24時間以上の絶食が決定です(-_-;)
(猫さんは36時間以上絶食が続くと肝臓をやられます)
明日の朝ごはんまで慎重に様子を見て、また病院に行くかもしれません。

ぐ~
早くごはん食べれるようになろうね、ちょび!
関連記事
[ 病気&通院&薬&フード ] CM0. . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。