名前の頭文字がCで始まる4匹の愛しい犬猫たち&人間たちの華麗(加齢)なる日常。


※写真はクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

 猫のことは猫に聞け

朝、ちょびの治療を終えた先生が
「う~ん、厳しいですね。違う抗生物質を使ってみますが
やはり熱が下がってこないことには・・・」
とおっしゃいました。
(本当は抗生物質をコロコロ替えるのはあまり良いことではないです。
でも今のちょびの状態ではいたしかたない・・・)

覚悟を決めなくちゃいけないな、と思いました。
なのでちょびと一緒に帰宅してから、
おそらく明日がちょびとのお別れの日だろう、ということで
ちょびとの想い出作りをしようかな、と
カメラがいつでも使えるようにスタンバイしました。

それを予期していたのか何なのか、
今日は朝から不思議なことがたくさん起こりました。

まず、朝一番にちょびが取った行動。
出窓に乗りたい!
出窓に飛び乗りましたw( ̄△ ̄;)w
(横のソファをつたって飛び乗ったのですが、
ちょびの脚力はもうソファに上がるのもやっとなんですよ)


そして、朝の治療後、ひと休み中のちょびに・・・

ここちゃん看護師が甲斐甲斐しくお世話をしていました。
(ちょびがここちゃんの肩に手を回しているところに注目w)
このお世話(看護?)は30分ほど続き、

ラブの極致w
その後、このまま2匹はさらに30分以上こうして眠っていました。

お兄ちゃんラブ♪
さらにここちゃん看護師は今日はフル活動。
とにかくお兄ちゃんのグルーミングをせっせとしてあげていました。

お兄ちゃんラブ♪2
せっせ、せっせ。
(ちょびの下半身は汚れていて拭いてもガビガビです。
ベッドは使用後すぐ洗濯機行きとなっているので
写真のベッドもコロコロ変わっています。笑)



せっせ・・・の動画(笑)

介護(笑)をするここちゃんがちょっとウザかったのか
ちょびもここちゃんをペロリと舐めてました。
(が、長いこと口をあまり使っていないため、
舐めると口の中に違和感を感じるようです・・・)
自分のグルーミングもほとんどしない状態なので
これはとっても珍しいことですよ。

真似っこ
そしてお兄ちゃんの真似っこをする妹(可愛い)

最終的には、いつも「半径1m以内に寄らないで!」と
ちょびとは距離を置いているかりんさんのところへ
ちょびがテクテク歩いて行って近付いたのですが、
かりんさんは特に嫌とも言わなかったので
ちょびは念願かなって
大・大・大好きなかりん姉さんのお尻に
顔をくっつけて寝ることが出来ました(爆)

感涙。
感涙。爆。


ここまでいろんなことが起こると、
これはちょびとのお別れを犬猫たちが予感しているようにしか
思えませんでした。
猫のことは猫に聞け、って感じでしょうか。
明らかにここちゃんは何かを感じて、
その何かに突き動かされるようにお兄ちゃんのお世話をしています。

ちゃんとお別れの準備が出来てるじゃん。
では私たちもお別れの心づもりを・・・


ということで、たーちと話し合って、
今日の夕方の治療如何によっては明日尊厳死をお願いするつもりで
病院へ向かいました。

ところが、です。

先生もびっくりなくらい、洗浄後の液が綺麗だったそうで。
(沈殿物や浮遊物があると吸い取る時に針が詰まってしまうけど
今日の夕方はスムーズに処置出来たそうです)
つまりは、腹膜炎を起こしている場所に投与している抗生物質が
一時的にかもしれないけれどとりあえず効いているということらしい。
この状態なら、あと1~2日、状態が上向くかどうか見ましょう、
と言われました。

あらまー、涙の決意をして病院に行ったのに
ちょびは私たちの話を聞いていたのかしらね?
「なぬっ!?」と思って、ちょっと奮起しちゃったかもしれません。
でも、一緒に居られる時間が少しだけ延びて
それはそれで嬉しい私たちなのでした。

帰り道のちょびは、しっかり体を起こしていて
体調もなかなか良さそう。
でも熱は全く下がっていないので、
これもおそらくぬか喜びだとは思うんですけどね(^^;)
なんでもいいや。
だってちょびが大好きだから。
一日でも長く一緒に居たいもんね♪
関連記事
[ 病気&通院&薬&フード ] CM0. . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。