名前の頭文字がCで始まる4匹の愛しい犬猫たち&人間たちの華麗(加齢)なる日常。


※写真はクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

 不眠だったそうでw

ちょび、朝3時ごろまではおなかが痛むのかじっとしていましたが
明け方からはかなーり元気を取り戻し、
私が朝ごはんを食べていると、自分でお水を飲みに行った後、
私が食べているクラッカーをおねだりに
わざわざ私の足元までやってきました。

「すごいね~、食欲もあるの?」と言いながら
まずはタウリンのタブレットをピルカッターで小さくしたものを
ちょびにあげてみると・・・おお~♪ 食べました!
タウリンはね、猫さんにはとても必要な栄養なので
サプリを食べてくれると助かります☆
(ちょびは普段からタウリンのサプリがものすごく好きなんですよ)
人間で言えば、リポ○タンDを飲んでくれたようなものかな?

(大好物の)クラッカーのかけらには
ものすごい勢いで食いつきましたが、
そういうものはあまりあげない方がいいので
次は何をあげようかな~と考えているうちに、
「あ、そうだ。昨日手術したばっかりだから
がっつり食べても大丈夫か、確認してから食べさせた方がいいかもね」
と思いなおして、ちょびには病院の時間まで
おなかヘリヘリ状態で待っていてもらいました。

病院へGO!
そして朝9時。病院へ。

病院に着くと、病院へ入ろうとする私の顔を見た院長先生が
(顔に「超心配!」と書いてある!笑)
サッと診察室のドアを開けてくださって
「昨日はすぐに帰れない用事だったものですから
本当にすみませんでした」と平謝りされるので
「いえいえ大丈夫ですよ。
S先生が頑張ってくださったし、ちょびもそれなりに元気です」
と言いながら診察と治療を始めました。

院長先生、診察中にぼそっと
「昨日は眠れなくてですね~」とおっしゃいます。
今まで丁寧にケアしてくださっていることは私にも充分伝わっていますが
しっかり念入りにケアしていたはずなのに
おなかが裂けてしまうという緊急事態になってしまったことに
先生も少なからず動揺していらっしゃるようでした。

先生は、昨日の事態で考えられる原因のひとつに
ステロイド使用を挙げられました。
ステロイドは傷をくっつきにくくする性質もあるので
術後使用する際には充分注意して使用しなければなりませんが、
ちょびの場合も、術後傷がくっつくまでの日にちをしっかり考えて
余裕を持ってステロイド投与をしたはずだったのです。
(抜糸も、念を入れて2週間以上経ってからようやくだったし・・・)
しかし、術後ずっと続く高熱、腹膜炎等の影響もあって
腹膜の傷がちゃんとくっつききれなかったり
おなかの皮が見た目より薄っぺらくしかくっついていなかったのかも。

朝の治療時、熱は38.7℃(下がった!)
院長先生が、S先生が縫合したちょびのおなかを見て
「ん~、仕方ないですね(苦笑)」とおっしゃいました。
たぶん、縫い方のことだと思うんですけどね。
ペーペーの勤務医先生と、臨床30年のベテラン先生じゃ
比べるのも可哀想ですけどww

院長先生に、
「この1~2年臨床を経験してきたからとは言っても
おなかが裂けちゃう子はそんなにいないでしょうから
きっとS先生もパニクったでしょうね~。
でもそれなりに頑張って処置していらっしゃいましたよ」
と私が言うと、先生は笑っておられました(S先生は今日は休みw)

そして、昨日はあんなに危機的な状況だったにも関わらず
今日も普段と同じような治療で済んだちょびくんでした。


夕方の治療はほぼ毎日たーちも一緒に行っています。
夕方のリストランテでのお食事(爆)は、
ごきげんななめだったそうで、イヤイヤしながら食べたとのこと。
食べたいものを食べさせてもOKということで
めちゃくちゃ食べたがっていた半生のわんこおやつ(爆謎)を
喜んで食べていたのはいいけれど、それが影響しちゃったかな?
なかなか体調管理が難しいちょびくんであります・・・。
関連記事
[ 病気&通院&薬&フード ] CM4. . TOP ▲
COMMENT


ちゃこぽんさんの記事を読ませて頂きながら、先生とのやりとりなどが重なってきます。でも術部位が縫合不全というのは可哀想。。。
2011/06/30 23:31  | URL | ピッピ #BoDklvJU [edit]


なんとなくちょびちゃんの目に力を感じます。
ちょっと気持ち楽になったような気もするし~~。
まずは食欲がわいてきてよかったわぁ~。
ちゃこぽんさん、たーちさんも毎日ちょびちゃんのために頑張って看護している様子も伝わってきます。
チョビちゃん、愛情いっぱい受けて早く元に戻ろうねぇ~。
2011/07/01 05:41  | URL | もか王 #- [edit]
♡ピッピさん

やはり腹膜を縫った糸で炎症が起こっていたんでしょうね。
だから術後3週間以上も時間が経ってから
縫合不全を引き起こしたんだと思います。
縫ってくださったのは若い先生なんですが
きっとこんな経験は初めてだったでしょうから
手が震えたかもしれませんね(^^;)
2011/07/05 21:01  | URL | ちゃこぽん #hIs5x0pk [edit]
♡もか王さん

縫合不全が起こらなければ、ちょびは7割方
命が助かる可能性があったんですけどね~。
やっぱり体全体が悲鳴をあげていたのかもしれないと
今になれば思います。
でもちょびの目力ってハンパないでしょう?
人間だったら何か喋りたいところなんだろうな~って思ってました(笑)
2011/07/05 21:11  | URL | ちゃこぽん #hIs5x0pk [edit]
コメントする














秘密にする?

    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。