名前の頭文字がCで始まる4匹の愛しい犬猫たち&人間たちの華麗(加齢)なる日常。


※写真はクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

 かりんさんの目には・・・

ああ、ついに
私の中にほんの少しだけ残っていた未練を
断ち切る日がやってきました。


かりんさんです。


かりんさんが、今朝、病院から戻ってきたちょびに対して
あの日と同じリアクションをしています。
それに気付いてしまいました。

怯。
チャコさんが無言で(あ、わんこなのでたいてい無言ですが;;)
帰宅したこの日のこの悲しげな顔と
全く同じ表情をしているんですよ、遠巻きに。

かりんさんはとても敏感に「それ」を感じ取っているのだと思います。
ちょびに対して今までこんな表情は見せたことがありませんでしたし
今までずっと、病院から帰宅するたびに、キャリーの中を覗き込んで
「帰ってきた?大丈夫?あーよかった♪」という感じだったのです。
(帰宅後すぐの「あーよかった♪」の後はだいたいスルーしてばっかりでしたけどw)


ちょびがどんなに頑張っても、ちょびはもう助からないのでしょう。
動物の勘を侮るなかれ、です。
かりんさんを見て、
私も最後にかすかに残っていた希望の灯を自分で吹き消しました。

何度か危機的な状況になっていましたが、
今までは、かりんさんは一度たりとも
こんな表情を見せたことはありませんでした。
その時はまだちょびが助かる希望があったのかもしれませんね。


猫のことは猫に聞け、って前に書きましたけど、
猫のことは犬に聞いてもいいみたいです(笑)


前回かりんさんとここちゃんの様子を見て
「お別れかも」と思っていた時
って
今考えてみれば全くの私の勘違いで、
あれはふたりで「ちょび頑張ってー!」とエールを送っていたのだな、と。



朝は少し雲が出ていていい気候だったので
本当に久しぶりにちょびをベランダに出してあげました。
ちょび、嬉しそうだったなぁ。



そして↑この後、自分でベランダに出て

のんびり
のんびり・・・

まったり
まったり・・・過ごしました。

そして朝の治療へ。
苦しゅうない、参ろうぞ。
助手席で大物の風格を漂わせながらドライブです(^^;)

熱が37.6℃(下がった!)

・・・と、ここまでは絶好調だったのですが、
その後、お昼前から容体が少し悪くなりました。
(帰宅して、かりんさんが怯えた表情を見せてから少し経った頃です)
まだ意識はあるし自力でトイレまで行けるんですが
時々、いわゆる無関心状態に陥るように。
そして原因不明の嘔吐が1回(しかも嘔吐物なし)

嘔吐して体力を使ったら、急にぐったりさんになってきました。
抗生剤の副作用ではない様子。
夕方病院へ行った時に、勤務医の先生にあれこれ伺いましたが
やはり抗生剤の副作用ではなさそうでした。

夕方の治療時も、体温は37.6℃!
しかし、熱が下がって楽になると同時に
貧血の症状が色濃く出てきて、
無関心状態に陥っているのではないかとのことでした。
そうかも。おしっこの色が濃くなっていたみたいだし。

夕方の治療の後、いったいどうなるやら、と思ったのですが
ちょびは「ボクはまだまだニャ」と言わんばかりに

マッサージ♪
たーちのマッサージメニューをこなし(爆)、

ちょびさーん!
「ちょび~」と声を掛けられるとお目目を輝かせながら

はーい♪(良いお返事)
「ニャ~♪」とお返事していました(^^;)

しかし、もしこれ以上嘔吐が続けば(続くかわかりませんが)
ちょびは本当につらくなってくるでしょう。
もう私たちの心の内は決まっているので
明日の夜、院長先生が出張から帰って来られるその足で
我が家に寄ってくださることが可能なら
明日のうちにお願いしたい、と病院側には伝えてきました。
もし無理だったとしても、明後日往診でお願いするつもりです。

おやすみ♪
あと少しだけど、ちょびはちょびの日常を楽しんでね。
おやすみ♪
関連記事
[ 病気&通院&薬&フード ] CM0. . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。