名前の頭文字がCで始まる4匹の愛しい犬猫たち&人間たちの華麗(加齢)なる日常。


※写真はクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

 絶体絶命の状況で

あんまり綺麗な話ではないので
お食事中の方は、お食事終了後に読まれることをお勧めします(爆)


たーちが合唱団の練習に出掛けていた夕刻、
私、PCをしていたら突然腹痛に襲われました。
慌ててトイレに駆け込むも、とにかく近年稀にみるおなかの痛さ。
でも盲腸とかそんなのじゃなく単におなかが下った感じ(爆)

しばらくトイレにいましたが腹痛は改善しないので、
ヨロヨロとトイレを出てきて
這うようにしながらやっとの思いで薬箱を取り出し
整腸剤を飲みました。

ふぅ~これでなんとか治まるかな・・・

しかし、その後も大量の冷や汗をかきながら
トイレに通う私。
誰もいないのでひとりでウンウン唸っていました。


トイレとリビングを往復していたその時、
とんでもない光景が目に入りました。
私が時々右手首に巻いているサポーターを
ここちゃんが齧っていたのです!!!
んぎゃー、こっちはおなかが痛くて死にそうなのに
よろけながらここちゃんからサポーターを取り返して
見てみたら・・・


食べてるー(T-T)


私が死にそうになりながらトイレに入っている間に
テーブルの上にたまたまあったサポーターを齧ったと思われます。
(私にはその時サポーターを片付ける余裕などどこにもなかった模様)
早急に吐かせた方がいい。
でもね、悪いけどここちゃん、
ママちゃんは今、ここちゃんに構っていられない状況なの!!!

というわけで、
ヨロヨロしながらスマホを手に取り、
たーちに電話をかけました。
運よく練習が休憩中の時間帯だったので
たーちが電話口に出てくれました。

赫々然々、私もここちゃんも死にそうじゃ~~と訴えたら
すぐ帰ってきてくれました(;´Д`A ```


たーち帰宅後、ここちゃんが飲みこんだサポーターの切れ端を
なんとか吐かせようと、あの手この手を使ってみましたが
結局ここちゃんは吐かず。
ならば水分を大量に摂らせてみよう、ということで
ここちゃんの大好きなヤギミルクを
た~~~っぷり作って目の前に置くと、
大好物のヤギミルクを狂喜乱舞でごきゅごきゅ飲みました。
量にして150ccくらいかな?
相当な量を飲んだのですが、苦しくて動かなくなった以外は
特に吐くこともなく終了。

あ~あっ・・・緊急事態ですぐに応急処置が出来なかったとはいえ
ちゃんと出てくるか心配です(-_-;)
というか、今日の場合、
ここちゃんへの事前対応も応急処置も、
物理的に不可能だったです@ぢぶん。

サポーターの生地って、厚みがあるのでちょっと心配。
でも病院へ連れて行く状態(どこかに詰まらせた状態)ではないので
気長に出てくるのを待つしかありません。
上から出てくるか、下から出てくるか・・・(-"-;A ...アセアセ

そして当のここちゃんは
おなかいっぱいヤギミルクを飲んだこともあって
夕食こそ食べませんでしたが、
夜中に「おなかすいた~」と言うので
少しごはんを食べさせたら普通に食べてました(^^;)
今のところ心配はなさそうですが、果たしてどうなる、ここちゃん!


ちなみに私のおなかはしばらくして薬が効いたら
ほぼ大丈夫になりました。
こちらはご心配なく。



~追記(2011/10/02)~
ここちゃん、全く通常通りの生活を送っています。
ブツはまだ出てきません。
ドキドキ・・・。
関連記事
[ 猫の話&猫写真 ] CM0. . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。