名前の頭文字がCで始まる4匹の愛しい犬猫たち&人間たちの華麗(加齢)なる日常。


※写真はクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

 ドン・パスクワーレ

メト・ライブビューイングをずっと録画していますが
今日はドニゼッティの「ドン・パスクワーレ」を鑑賞。

あらすじは・・・書くのが面倒なので
こちら でお読みくださいw

大学時代からかなり好きなんですよね「ドン・パスクワーレ」(笑)
このオペラに出てくるノリーナという役は
私に結構合っていると思うので(声も性格も!?笑)、
アリアなどを多少練習しましたが
アリアはイマイチつまらないのが残念(爆)

同じオペラ・ブッファであるドニゼッティの「愛の妙薬」と比べると
総合的には「愛の妙薬」の方に軍配が上がるかな、と思いますが
でもやっぱりこのオペラ版吉本新喜劇、みたいな
ベタな面白さは癖になりますよ( ´艸`)
しかもメトの演出は結構面白かったし。


齢70過ぎのパスクワーレのところに
かかりつけの医者・マラテスタが偽の花嫁を連れてきたシーン。
生娘を演じる偽花嫁ノリーナ(ネトレプコ)最高!


パスクワーレとマラテスタの二重唱。
ちょ~楽しいです♪
まだオペラの途中ですが珍しくアンコールまでしています。

パスクワーレ役のジョン・デル・カルロは
まるでパスクワーレ役をやるために生まれてきたんじゃないかと
思えるほどしっくりきますね(爆)
体型をそのまま生かして役が出来るなんてステキ~(爆)
関連記事
[ 音楽&DVD&映画 ] CM0. . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。