名前の頭文字がCで始まる4匹の愛しい犬猫たち&人間たちの華麗(加齢)なる日常。


※写真はクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

 お見舞いへ

昨日書いたとおり、義兄のお見舞いに行ってきました。

朝10時半ごろ家を出て、お土産を買い
高速に乗ってすっ飛ばして・・・と思ったのですが
なんと今日の高速道路は

覆面、覆面、覆面、パト、覆面・・・

と、取り締まりオンパレード(笑)


九州自動車道の鹿児島~熊本間は制限速度が80㎞/hですから
いつもは120㎞/hくらいで走る私も
今日は100㎞/hくらいで我慢の走り(爆)
そして午後1時過ぎに、病院に着きました。

病院で3番目の兄夫婦とも待ち合わせをしていたので
落ち合ってから一緒に病室へ。
ところが、病人はぐーぐー寝ていたので(爆)、
しばらく面会室のようなところで
3番目の兄夫婦と話をしながら待つことにしました。

たーちは男4人兄弟の末っ子。
両親はもう他界しているので、
実家にはもう7~8年?くらい帰っていません。
手術した2番目の兄は「たまには顔出せ~」と言っていますが
たーちが面倒だと言って行かないんですよ(^^;)
毎年、私の祖母の家には行くのにねぇ・・・(爆)
(祖母宅からたーちの実家までは車で10分もかかりません。笑)

3番目の兄夫婦とひとしきりしゃべっていたら
どうやら病人も目覚めたようで(笑)、
手術した2番目の兄とご対面。

弱っているのかと思いきや、意外と元気でした。
ただ、大手術に変わりはないので
あちこち痛かったりはするみたいですけどね。
もう病院内を普通に散歩できるくらいまで回復していましたよ。
おしゃべりが好きな義兄なので
1時間くらいぺらぺらしゃべって楽しそうでした。


義兄は17年前に、心臓の僧帽弁を人工弁に取り換える手術を受けて
ペースメーカーを入れていたんですよね。
今回は、その弁を取り換えるのかとみんなが思っていたのですが
そうではなくて、
大動脈弁を人工弁に取り換える手術だったそうです。
前回もそうですが、肋骨を切っての大手術。
傷跡も見せてもらいましたが30㎝くらいあったかも。
しかも、体の中(おなかのあたり)からまだ電極?が直接出てました。
明日か明後日には取れる、と言っていましたけどね。
今回の手術で、ペースメーカーなしで大丈夫になったそうですよ。


義兄は心臓手術のおかげで身障者1級なわけですが
アーチェリーをやっていて県の協会理事も務めています。
去年の夏、心臓の具合が悪くなっても
大会には出ていたそうで・・・(爆)
どんだけww
でもそういう打ち込める好きなものが
スポーツだった(しかも障害者でも楽しめるスポーツだった)おかげで、
生き生きとしていられるんだろうな~と思いました。


そろそろ帰る、と言ったら
義兄がごそごそとベッドを起き出して
病院の通用門のところまで一緒に歩いて見送ってくれました。
お大事に~~。


3番目の兄夫婦(実家住まい)とも駐車場でお別れして
結局実家には寄らずに帰路に着いた私たち。
男兄弟ってずいぶんあっさりなのね。


帰りも高速道は覆面だらけだったので
ノロノロ運転(やっぱり100㎞/hくらいw)で帰りました。
犬猫たちとの約束通り、暗くなる前に帰ってこれてよかった♪
二人ともいい子にしていたようでした(^-^)
お留守番ご苦労さま~~♪
関連記事
[ ヒト日記 ] CM0. . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。