名前の頭文字がCで始まる4匹の愛しい犬猫たち&人間たちの華麗(加齢)なる日常。


※写真はクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

 演奏会に行ってきました

鹿児島の霧島(牧園町)というところで
毎年有名な講師陣を招いて「霧島国際音楽祭」が開かれています。
たーちも、ずいぶん前ですが2年ほど参加したことがあります。
(あっ、受講ではなくお手伝いで・・・。
オペラの講座などでは受講生だけでは役が足りずに
演じられない場合があるので、足りない役を補ったりしていたらしい)

その霧島国際音楽祭、今年で30周年です。

期間中は霧島でも演奏会がありますが、
鹿児島市内でも演奏会が開かれます。


で、今日は音楽祭の受講者&講師陣を集めて作られた
オーケストラの公演が鹿児島市内で開かれました。

指揮は、大学時代の1つ年上の先輩である
下野竜也さん(読売交響楽団/正指揮者)です。
(私とたーちは下野さんの大ファン♡)


・モーツァルト/アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク
・メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 ホ短調
・ベートーヴェン/交響曲第7番


↑超メジャーな(ベタな)曲ばかりの演奏会w

開演30分前
↑開演30分前でこの客入り!(驚)
会場は、満席の上に立ち見もいっぱい・・・
クラシックのコンサートで立ち見が出るほどの大盛況になることは
(鹿児島では)どちらかというと珍しいのですが、
下野さんが指揮を振る演奏会では必ず大入り満員になりますよ。



アイネ・クライネ・・・は、この音楽祭が始まった当初、
最初に取り組んだ曲ということで、
音楽祭1期生の皆さんがアンサンブルで演奏しました(指揮者なし)

私にとって、アイネ・クライネ・・・は
母のおなかの中に居たときから聴いていた曲だけに
こだわりがあり過ぎて・・・
素人さんだと全体的にはまあまあな演奏だったと思いますが
私はちょっと(というかだいぶ)不満足でした(^^;)


メンコン(メンデルスゾーンの協奏曲)は
元ウィーン・フィルのコンマス、
ダニエル・ゲーデさんがソリストだったのですが
なんか・・・こういっちゃ悪いけどヘタでした(^^;)
やはりソロはソロで活動している演奏家が演奏するのがよろしい。
オケで活躍してきた方だとイマイチ・・・ということがありますね。
(もちろん小森谷さんなど、
素晴らしいソロをされる方もいらっしゃいますが。)
ピッチ不安定だし、リズム崩れるし
音が伸びてこないし、調子悪かったのかしら?
例えて言うなら、日本の往年のフォークシンガーさんが
久しぶりに「昭和の名曲」みたいな番組でご本人様登場!をして
昔とはなんだか随分違うへんてこな歌い方をするのを聴いて
「昔の方が良かった・・・」と思う、あの気持ちのような感じ(爆)
う~ん・・・ここまでは元を取った気分になりませんでした。


休憩をはさんで、最後にメインディッシュ・ベト7☆
「のだめ」で千秋さまが振って有名になったあの曲です。

いやぁ、もう感動しました!!!

これが同じオケですか?ってな感じです。
あのドラマで千秋さまがブラヴォー!と言われていたより
今日の下野さんに対するブラヴォーは多かったんじゃないかな?
メリハリが効いていて、キレが良くて、とにかく凄かった!
めっちゃコーフンしました! 聴衆も熱狂!!
小編成のオケながら、
お団子のような風貌の下野さんが指揮台で飛び跳ねるたびに
下野さんの指揮のとおりの音が出てくる快感♪
曲の解釈も納得だし、久々にゾクゾクしました~♡


オケの中には、
店村さん(NHK交響楽団ソロ首席奏者)
小森谷さん(読売日本交響楽団コンサートマスター)
藤原さん(読売日本交響楽団首席ソロ・コンサートマスター)
など、TVでよく拝見する憧れの方々が紛れ込んでいて(笑)、
受講生をサポートする形だったんですけどね、
それもまたゾクゾクしましたよw



演奏会が終わった後、
下野さん(とダニエル・ゲーデさん)のサイン会があるとアナウンスが。
サインはもらうつもりではなかったので
そのままロビーを通り過ぎて帰ろうとしていたら、
大学の同期のYちゃんが私に気付いて声を掛けてくれて
「11日に下野さんの学年とうちらの学年合同で
飲み会やるからおいで~!下野さんも来るよ~」
ってお誘いが♡
マジすかー? 同期生が結構集まる予定だそうです。
それより何より、超多忙な下野さんが参加する飲み会なら
モチロン行きますわ♡ いや、行かねば!(笑)

そんなわけで、同期の彼女と喋ってるうちに
1コ上の先輩たちもロビーに集まっていたので
ご挨拶したりする羽目になり、
成り行きで、下野さんのサイン会の行列に並ぶことに・・・(爆)
サインしてもらうものが無かったので
下野さんのCDを買って、
(既に家に持ってるCDだったけどまた買った。笑)
それにサインしてもらいました( ´艸`)
順番がやってきたのでサインをお願いしてから
「先輩、私のこと覚えてます?」って聞いたら
「1コ下だよね(^-^)」と・・・(*'-'*)vヤッタ!
(ヨカッタ、17年ぶりだし10kgも太ったのに忘れられてなかった!爆)
私は声楽専攻なので当然学生オケに入ってもいなかったし
そういう面では接点があまり無かったけれど、
私の旧姓が珍しい名前なのもあってちゃんと覚えていてくれました☆
ついでなので、先輩写真一緒に撮ってもらっていいですか?と・・・

記念にw
↑図々しく写真まで撮ってもらいました(こうなると単なるミーハーw)
しかし、「ボクが撮りましょう」って言って撮ってくれた人がヘタで、
アホでも撮れるカメラなのに、なぜか撮った写真がボケてました(爆)
まあいいや、また飲み会で写真撮ってもらおう( ´艸`)
見た目コロコロしておりますが、
とにかくと~ってもいい人なのですよ、下野さん。

下野さんに
「ありがとうございました☆
私も11日の飲み会に伺いますのでまたその時に~♪」
とお礼を言って帰ってきましたww
11日の飲み会(鹿児島弁では「のんかた」)が楽しみです♪



◆ リンク用URL ◆
http://chacachoco.blog119.fc2.com/blog-date-20090807.html
関連記事
[ 音楽&DVD&映画 ] CM2. . TOP ▲
COMMENT


すばらしい方ですね!!下野竜也さん
常々、指揮者の方の耳はいったいどうなっているんだろう、
という単純な疑問を持ちつつ、
人をまとめ、自分の解釈を他人が演奏する音で引き出していく、
という所行に神がかり的なイメージを持っています。
先日はロシアの作曲家ニコライ・カプースチンの曲だけを演奏した
ピアノコンサートに行ってきましたが、音の多さに圧倒されて帰ってきました。
クラッシック?ジャズ?いや、クラッシック。
行く前に調べもせずに聞きにいった娘と私は唸ってしましました。
音楽理論はぜんぜん分からない私ですが、それなりにクラッシックは楽しんでいるんですよ。
昨日発売の、のだめ#22はこれから読みま~す。
たのしみ♪(* ̄ー ̄)v
2009/08/11 12:22  | URL | ライ麦 #2j50GQ9. [edit]
♡ライ麦さん

下野さんは若手の指揮者の中でも注目株の一人ですよ~。
最近はN響なども振っているので、
TVのN響アワーなどにも登場したりしています。
昨日、その下野さんとご一緒に飲み会だったのですが
オケの方々との意見がまとまらない時は
「じゃあこうしましょう」と妥協案?を提示するようなこともあるそうですよ(笑)
下野さんの場合、「のだめ」の千秋さまみたいな俺様的指揮者ではなくて
オケの方々からもマスコットのように愛される存在なのではないかと思います(^-^)
指揮って、究極のところ信頼関係が大事なお仕事という気もしますね。
下野さんの演奏会はマニアックな曲目なことも多いですが(笑)、
とてもわかりやすい指揮を振る方なので
お近くで演奏会がある時はぜひ足をお運びくださいませ(^-^)
カプースチンオンリーのコンサートですか!!
凄い~~~w
同じくジャズのようなクラシックといえばガーシュウインもいますけど
ガーシュウインは大好きです。軽い感じだし(笑)
カプースチンと聞くと、
先日アメリカのコンクールで優勝した辻井伸行さんが
中学生くらいの時に「ニュースステーション」で演奏した
カプースチンの「8つの演奏会用練習曲」を思い出しますね~。
あの演奏は凄かった。忘れられません。
「のだめ#22」の発売日をチェックするのを忘れていました!
早速楽天ブックスにポチ☆して買いました。早く届け~~。
ライ麦さんのおかげで買いそびれずに済みました。ありがとうございまーす♪
2009/08/12 11:33  | URL | ちゃこぽん #hIs5x0pk [edit]
コメントする














秘密にする?

    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。