名前の頭文字がCで始まる4匹の愛しい犬猫たち&人間たちの華麗(加齢)なる日常。


※写真はクリックすると大きいサイズで見ることが出来ます

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ スポンサー広告 ] . . TOP ▲

 優しくないしつけ(押し付け)

昨日の手作りハーネス、チャコはとても快適にお散歩しましたが
かりんさんには少々問題発生(^^;)
どこが問題だったかは、リードが出来上がった時にお話ししますw
とりあえず応急処置をしたら今のところ問題ありません☆


さて、夜に「大人のソナタ」という番組を何気に観ていました。
右脳開発のことやら、脳科学のことやらを放送していたのですが

もーびっくり!

イギリス・アメリカで人気の、ジョー・フロストという人の
子供のしつけ法を放送していたんですが、

これって、まるでランキング説に基づいた
アメリカの犬のしつけ法にそっくり!(爆爆)
どこが違うの?くらいな勢いです。

どんな「しつけ」かと言いますと、

・約束事(ルール)を決めてそれを子供に何度も言い聞かせる。

・ルール違反をしたら(癇癪を起こしたりしたら)
 子供の目線までしゃがんで、
 目を見ながら低い声で「いけない」と教える(警告を与える)

・それでも子供が言うことをきかない場合は
 お仕置きコーナー(子供にとって興味を引くものがない場所)に
 連れて行って、年齢×1分、その場所でじっとさせる。
 (正確には、直径1mくらいの青い丸い敷物を用意して
 その中に座らせるようです・・・)
 途中で逃げ出したりしたら、またお仕置きコーナーで最初から。

・お仕置きタイムが終わったら、
 なぜお仕置きコーナーに行かされたのかを説明した後に
 子供に「ごめんなさい」と謝らせる。


これって、犬の良くないしつけ方とソックリですね(爆)

いけないことをしたらマズルを掴んで目をまっすぐ見ながら
低い声で「いけない(ダメ)」と教えて
それでもやめなければクレートやサークルへ・・・という感じ(爆)


番組内では
「癇癪を起こしている時は、脳が興奮した状態だから
それを沈静化させるためにお仕置きコーナーを使う」
という感じの説明をしていたと思いますが、

なぜ」子供が癇癪を起こしたのか?は考えないんですね(^^;)

お料理しながら見ていたので、
もしかしたら見間違いかもしれませんが、
番組内で出てきた映像では
悔しくて地団駄踏んで泣いている子供にも
このお仕置きコーナーを使っていたと思います。


叩いたり叱ったりする方法ではないので、
一見、陽性のしつけ法だと思われるかもしれませんが、
このやり方で子供を育てたら、
少し間違えばPTSDのようなことにもなりかねないし
みんなロボットみたいに感情を持たない子供になりますよ?

卓球の福原愛ちゃんは、まだ可愛らしい幼少期に
卓球をやっていて試合に負けたことが悔しくて
ピーピー泣く姿が有名でしたが、今も卓球界の第一線で活躍中。
でも、ジョー・フロストのしつけ法なら、
こういう状態ならお仕置きコーナー行き・・・!?
負けず嫌いのどこがいけないのかな?と思いますよね。


たーちと二人で、TVをチラチラと観ながら
「えー?犬でさえこんなしつけ法ってありえないと思うのに
人間にやるんだ!!」
と呆れていました。

親の威厳を示すようにというようなことも言っていたようなので
こりゃまるでランキング説だな、と思ったのでした。


究極問題、そこに愛はあるか?ということです(爆)

「子供のため」とか言いながら、
このジョー・フロストのようなしつけ法は
騒ぐ子供をおとなしくさせたい、言うことをきく子に育てたい、
・・・それって、大人の都合の良い子に育てたい、という
大人の側のエゴイズムじゃないでしょうか。


犬に優しい生活をするようになって、
いわゆるトレーナーさんが推奨する犬のしつけは
当てにならないな~と思っていたのですが
その思いがますます強くなりました(^^;)



◆ リンク用URL ◆
http://chacachoco.blog119.fc2.com/blog-date-20090809.html
関連記事
[ ゆるゆるワンライフ ] CM2. . TOP ▲
COMMENT


こんにちわ~
先週Eggiさんと偶然にも同じ事を話していたんですよ
Eggiさんと知り合う前は(間違った)専門書を読み、
悲惨なドッグスクールに通って人間から見た良い子に
育てようなんて思っていました 『大人の都合』
『人間の都合』を押し付けて本当に良い子が育つの
でしょうか? 我が家にはお仕置きコーナーがなかった
だけましかも・・・
こんな育てられ方をした子供が親になった時ののことを
考えるとゾクッ~とします イギリス・アメリカで人気
って、親はこのやり方に何の疑問も持たないのでしょうか?
↓ 手作りハーネスすてきe-266です
2009/08/14 01:58  | URL | トップ #- [edit]
♡トップさん

こんばんは~(^-^)
トップ民宿でのEggiさんご夫婦とのご対面、
トップくんもトップさんご夫婦もとっても楽しかったみたいですね♪
ワンコの輪欧州本部(爆)がうらやますぃ~です☆
さて、トップさん、私もドッグスクールにこそ通いませんでしたけど
チャコが興奮すると、周囲に対して恥ずかしく感じて
だ~れもいない夜中に(グイグイ引っ張られながら)お散歩に行ったり
引っ張り癖を「矯正」しようと思ってジェントルリーダーを使ったり・・・
本当にいろんなかわいそうなことをしてきたんですよ~(T-T)
そして、見た目良い子に育ってくれるようにと思ったんですが
ますます酷くなっちゃいました(滝汗)
サークルも7~8年くらい前まで設置していたのですが
自分で思うところがあって、サークル内を全部室内トイレにして、
そして最終的に普通の室内トイレと入れ替えて数年前に撤去しました。
クレートトレーニングなどはしたことがなくて、
扉を開けた状態のバリケン(キャリー)を室内に置きっぱなしにして
自由に使わせてはいたんですが、
幸いなことに閉じ込めるために使ったことはなかったです。
普通に考えたらこのイギリスのしつけ法って疑問に思うはずですよね~。
でも、日本でもこのしつけ法の書籍が出ていて、そのレビューには
「叱らないなんて目からうろこ!」って書いてあったりするので
疑陽性(爆)でも目からうろこを落とす人がいる現状では
子供のしつけもまだまだ青色組の人が少ないということでしょうかねぇ・・・。
ましてや犬ともなると・・・ため息ですε-(´・`)
ハーネス、お褒めいただきありがとうございまーす!
また近々改良版を作りたいと思います(^-^)
(かりんさんには若干不評だったので。汗)
2009/08/14 20:09  | URL | ちゃこぽん #hIs5x0pk [edit]
コメントする














秘密にする?

    


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。